《2021》小倉2歳ステークス【最終追い切り】調教

2021 小倉2歳S 追い切り 調教 評価

2021年9月5日(日)に小倉競馬場で行われる『小倉2歳S(G3)芝1200m』の最終追い切り評価となります。

出走馬は10頭。追い切り動画で確認できた8頭の追い切り評価となります。

以下の2頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • シュメキラリ
  • スリーパーダ
目次

アネゴハダ      54.0 【B】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

ラチ沿いを1頭分空けて、右手前1本で登坂。やや後肢が外を回る走法は割引きも、走りの軸は安定しており真っ直ぐ走ることができている。一定のリズムで綺麗な加速ラップを踏み、活気十分の走り。1週前追い切りの内容が素晴らしくプラスに評価するか迷ったが、最終追い切りでG前で仕掛けが入った点と、手前替えが上手くない点を割引いて、この評価とした。

jamie

ただ、1週前の動きは素晴らしく、人気がないようなら確実に買っておきたい1頭です。

インプロバイザー   54.0 【B】

栗東坂路併せ。G前強め。

馬場の真ん中を走る相手と馬体を並べて入ってくる。本馬は相手の外側を登坂(ラチ沿いを1頭分空けて登坂)。全体時計は51.0秒と優秀も、ラスト2F時計24.3-12.3秒。ラスト1Fで0.3秒失速した。映像をみてもラスト1Fを過ぎた辺りで手前を戻しており、脚色が緩んでいるのが分かる。とは言え、この全体時計と、失速したとは言え、手前を替えて併せた相手に2馬身先着した点は評価できる。当日のパドック気配が良ければプラス評価に格上げしても良いと感じる1頭。注意したい。

エトワールジェンヌ  54.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。アタマを低い位置に保ち推進力を損ねることなく走れるフォームである点は評価できるも、脚元の力強さが少し物足りない。1週前のコース追いは相手に遅れたとは言え、好時計で走れている。最終追い切りで加速ラップが踏めていればもう一つ評価を上げても良かったが、ラスト1Fで0.2秒の失速。評価は割引いた。

jamie

ただ、想定オッズでは最低人気の馬。とても最低人気になるような馬には見えず、パドック良ければ拾ってみても面白いと思う1頭です。

ショウナンマッハ   54.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。小柄な馬も身体全身を大きく使って推進力ある走り。特にクビを大きく、真っ直ぐ縦に振ることができており、活気十分かつ安定した好フォーム。1週前のCW追いでは終い少し疲れたようにも見えたが、最終追いの坂路では馬なりで脚色を伸ばしており、1週前と比べても状態面は上昇。高く評価したい。

ソリッドグロウ    54.0 【C】

小倉芝単走。馬なり⑦

輸送が苦手なのだろうか、小倉に滞在し小倉競馬場での追い切り。意図的にサラリと流すに留めたこともあったかと思うが、クビが前に出ていかず動きの伸びやかさを欠く走り。調整過程含め評価できない。

デュガ        54.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを1頭分空けて登坂。特筆すべきは坂路時計の49.8秒。ラスト2F時計も24.2-12.2秒とかなり優秀。ラスト1Fで0.2秒失速したとは言え、完全馬なりのものであり、これについては素直に評価すべき。ただ坂路に入ってきた際、鞍上は抑えようとしているようにも見え、馬が力みながら走っているように思えた点と、最後疲れた際に手前を替えられない不器用な一面があった点は割引き。評価は据え置いた。

jamie

ただ、この時計から能力の大幅な上昇・状態の良さが伝わります。この時計を素直に評価しても良いかも知れません。ただ、時計が目立ちすぎており、確実に追い切り人気しそうな1頭です。

ナムラクレア     54.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを1頭分空けて登坂。途中で手前を替えようとするも手前が替えられなかった点は割引き。また手前替えを行う予備動作で重心を右に寄せたため、右に斜行するカタチとなった点も割引。それでも高い評価を付けたのは、手前を替えることなく斜行しながらの走りでありながら、完全うまなりの状態で、ラスト2F時計が24.0-11.6秒とかなり優秀な時計である点と、好フォームである点。先の割引要素をプラスの要素が凌駕する。高く評価したい。

ブレスレスリー    54.0 【A】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ側を真っ直ぐに登坂。クビでリズムをとりながら柔らかな動き。右手前1本での走りであったが、区間ごとに綺麗に0.7秒ずつ加速。ずっと同じ加速度合いが保てていることになる。G前に軽く促されてだけで、併せた相手に対してスッと1馬身先着しており余力も十分。顔をこっちに向けて走る馬体の大きな相手を気にすることなく、真っ直ぐ集中して走れている点も評価できる。高く評価したい。

jamie

気になるとすれば、1週前の坂路で左手前に替わる際、少しスムーズさを欠いたことでしょうか。当日スムーズに手前が替わるかは後日チェックしたいと思います。

出走が叶わなかった馬たち

タイセイブリリオ   54.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中を登坂。進行方向に対して、終始顔が右を向き斜に構えたフォームとなっている点は割引き。発汗も目立ち、時計も平凡。動きもスローで覇気のない走り。評価しづらい。

今週開催のその他重賞レース

札幌2歳ステークス(G3)

あわせて読みたい
《2021》札幌2歳ステークス【最終追い切り】調教
《2021》札幌2歳ステークス【最終追い切り】調教2021年9月4日(土)に札幌競馬場で行われる『札幌2歳S(G3)芝1800m』の最終追い切り評価となります。出走登録は13頭。追い切り動画で確認できた9頭の追い切り評価とな...

新潟記念(G3)

あわせて読みたい
《2021》新潟記念【最終追い切り】調教
《2021》新潟記念【最終追い切り】調教2021年9月5日(日)に新潟競馬場で行われる『新潟記念(G3)芝2000m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走登録は18頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切...
2021 小倉2歳S 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる