《2021》京成杯オータムハンデ【評価結果】―レース回顧

2021 紫苑S 京成杯AH セントウルS 評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬に評価を付け、高評価としたのは4頭。

高評価馬2頭が馬券内で、マイナス評価とした2~4人気馬が馬券外。少しは参考になった人がいたかも知れない。

着順馬名評価人気
1カテドラルB+7
2コントラチェックB-12
3グレナディアガーズB+1
4スマートリアンB9
5カラテB-3
6レイエンダB-15
7ステルヴィオB8
8マルターズディオサC4
9ワイドファラオB14
10スマイルカナB10
11グランデマーレA5
12カレンシュトラウスB+6
13アカノニジュウイチB-11
14ベステンダンクB-16
15バスラットレオンB-2
16マイスタイルB13

レース回顧

勝ち時計1:32.0秒は普通。

過去10年で5番目の時計で、過去10年の平均勝ち時計が1:32.2秒であることから普通と言えよう。

ペースは、前半600mが34.6秒、後半600mが35.2秒。前後半差0.6秒、ややハイペース気味のミドルペースでレースが行われた。

前半1000m通過は56.8秒。

このペースを作ったのは、コントラチェック(大野)であった。

パドック

6頭とインフレ気味に名前を挙げ、優勝馬と3着馬を拾うことができた。ハナ差4着のスマートリアンも拾えていた。

パドックで抜群に良く見えたのが優勝したカテドラル。パドックも捨てたものではない。

ただ、筆者はグランデマーレを軸とした馬券を買ったため馬券は外してしまった。

感想

筆者時間の都合上、簡単に思ったことを。

勝ったカテドラルは戸崎騎手が好騎乗。道中はグレナディアガーズの1馬身後ろにいながら、4角で外を回したグレナディアガーズに対して、カテドラルは内。直線前が詰まるリスクはあったが、そこを上手く捌き、上り3位の33.9秒の脚を使って優勝。追い切りも動けており、何よりパドックが素晴らしかった。状態も良かったのだろう。内目の枠から馬群を捌き、早い上りの脚が使えることも確認できた。また状態良いときは積極的に狙いたい。

コントラチェックは逃げて2着。番手に付けたのはスマイルカナであったが、この馬に対してプレッシャーをかける訳ではなく、寧ろ外のマイスタイルと激しい番手争いを演じるカタチ。結果、この馬はスムーズに逃げることができ、道中緩めることなく自分の得意なペースに持ち込むことができた。この馬は、こういう競馬ができればとても強い。チークピーシーズを付けていることから怖がりな一面があるのかも知れないが、能力が高いことは意識しておくべきだ。ただ、この馬は追い切りであまり良く見せてくれることが少ない馬。筆者にとっては付き合いづらい馬だ。

3着グレナディアガーズは、最内枠だったが縦長の展開にも恵まれ、道中で外に出すこと自体は苦労しなかった。ただ、中山の4角はやはりゴチャつく。ここで外を回し過ぎたことが結果的に痛かった。川田騎手としてはこの馬の能力を信じて、これだけ外を回しても届くという馬に対する信頼を置いての競馬だったとは思うが、結果的には届かず。そう言った意味では、少し物足りない結果だったかも知れない。弱い馬ではないとは思うが…。まだ3歳。今後の成長に期待したい。

4着スマートリアンは、逃げたコントラチェックを除き、前目に付けて唯一掲示板を確保。3着グレナディアガーズとの着差はハナ差である。スムーズに競馬をできたことも好走要因の一つだろうが、斤量53.0㎏も効いていたように思える。パドックでも名前を挙げることができており、調子も良かったのだろう。

本レースの感想はここまでにしておく。

2021 紫苑S 京成杯AH セントウルS 評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる