《2021》キーンランドカップ【評価結果】―レース回顧

2021 新潟2歳S キーンランドC 評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭に評価を付け高評価としたのは4頭。

高評価馬が軒並み下位に沈み全く参考にならない結果となってしまった。

着順馬名評価人気
1レイハリアB3
2エイティーンガールB-7
3セイウンコウセイB-9
4カイザーメランジェD10
5アストラエンブレムC14
6マイネルアルケミーC11
7メイケイエールB+1
8ヒロイックアゲンB-12
9タイセイアベニールC8
10ミッキーブリランテB+2
11ジョーアラビカB13
12シュウジB16
13ロードアクアA6
14ダイアトニックB+4
15カツジB-5
16ソロユニット15

レース回顧

勝ち時計1:09.1秒は遅い。過去10年における良馬場開催の時計としては最も遅く、過去10年の良馬場の平均勝ち時計1:08.5秒よりも0.6秒遅いことから遅いと言えよう。

ペースは、前半600mが34.0秒、後半600mが35.1秒。1.1秒前半の方が早いハイペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、レイハリア(亀田)、いやメイケイエール(武豊)であった。

パドック

6頭名前を挙げ、馬券内に来たのはエイティーンガールのみ。

感想

勝ち時計の遅い、ハイペースだったレースにも関わらず、後ろから来た馬がエイティーンガールだけ。

数字だけ見ると、一見中団~後方にいた馬が、ダラしなく思えるが、そう単純なものでもなさそう

今年は、メイケイエールによりハイペース(乱ペース)が刻まれたかと思ったが、メイケイエールが刻んだラップは、過去10年における良馬場の平均的なラップ。飛びぬけて早いわけでも、遅いわけでもない。

すなわち、このレースは毎年ハイペース気味にレースが行われるものの、差し馬決着ばかりではなく、先行馬同士の決着の年もあれば、今年のように先行馬と差し馬が入り混じる年もある。

これには、斤量差の影響もありそうだが、筆者は時間の都合上、ここまで分析はできなかった。今後の課題にしたい。

jamie

もしかしたら、開催時期(馬場状況)や札幌芝1200mというコース形態との因果関係もあるかも知れません。

最後に、、、勝ち馬のレイハリアに触れることなく、この馬について述べるカタチでやや恐縮だが、メイケイエールについて少しだけ。

パドックでは落ち着いていたが、今回も制御不能。スタートでは横のタイセイアベニールと接触。この辺りまでは我慢できていたと思うが、その後、目の前をレイハリアにカットインされたことで火がついたように思われる。目の前に馬がいると燃えるタイプなのかも知れない。さらにはソロユニットヒロイックアゲンらにも挟まれるなど、カッとする要因は多かった。

この馬は外枠の方が良いだろう。

現状では自分のペースで逃げた方が良いようにも思えるが、筆者個人としては、この馬の非凡なキレ味を是非活かして欲しいと考えている。

ただ、この馬は武豊騎手には御せないのかも知れない。

jamie

レイハリアは強いのか?これについても自身ではまだ落とし込めておらず、現時点では半信半疑。斤量の恩恵も大きかったように思えます。ただスタートが上手く、常に安定して先行できる馬。センスが良い点は魅力です。

2021 新潟2歳S キーンランドC 評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる