《2021》関屋記念【評価結果】―レース回顧

2021 関屋記念 小倉記念 追い切り評価 評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

直前でプールヴィルが出走取消となり、出走馬は17頭。追い切り動画で確認できた16頭に評価を付け高評価としたのは4頭。

結果は、【B】→【B-】→【B】と参考にならない結果となってしまったが、2番人気のシャドウディーヴァを【C】、3番人気のアンドラステを【B-】評価にできており、使いようによっては参考になった人がいたかも知れない。

着順馬名評価人気
1ロータスランドB4
2カラテB-6
3ソングラインB1
4マイスタイルB+10
5グランデマーレA7
6クリスティB+5
7シャドウディーヴァC2
8アンドラステB-3
9パクスアメリカーナB9
10アトミックフォースB-11
11サトノアーサーB+8
12ブランノワール13
13ソッサスプレイB-16
14ハッピーアワーB-17
15ラセットB12
16ベストアクターB-15
17ミラアイトーンB14
プールヴィル

レース回顧

土曜日の新潟競馬場は終日雨。日曜日は、芝「稍重」、ダート「不良」でのスタート。芝は10Rから良馬場となったが、前日の雨による水分を含んだ少し重めの馬場状態で本レースが行われた。

勝ち時計1:32.7秒は、過去10年で2番目に遅い時計も、これは馬場の影響もあったかと思われる。

参考:本レースにおける過去10年(良馬場)の平均勝ち時計1:32.2秒

ペースは、前半600mが35.0秒、後半600mが34.6秒。前後半差の少ないミドルペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、マイスタイル(横山典)であった。

感想

このレースはスムーズに競馬をできた馬が上位着順に来た印象。

勝ったロータスランドは好スタートから終始インを立ち回り、全くロスのない競馬。逃げるマイスタイルから離れた2番手を進み、最後の直線に入った時点でマイスタイルとの差は約3馬身半。田辺騎手が良いタイミングでマイスタイルのINに潜り込み、ラスト300m地点でマイスタイルを捕らえると、そのまま押し切り2着以下に1馬身1/4差付けて完勝した。

前走中京記念は、外を回すロスと、最後の直線で進路を阻まれる不利があっての5着であり、勝ち馬アンドラステとの能力差はなかったのだろう。今回はとにかくスムーズな競馬により能力をフルに発揮できたことが勝因の一つであろう。枠も良かった。

本馬はこれでサマーマイルシリーズ2021を3連戦。米子S(1着)→中京記念(5着)→関屋記念(1着)でポイントを20ptとし、2位アンドラステの11ptに対して9pt差をつけた。最終戦の京成杯AHでまだ逆転される可能性はあるものの、ほぼサマーマイルシリーズのチャンピオンの座を手中に収めたといっても良く、秋のマイルCSを逆算すると、ここで短期放牧を挟み、富士Sか、府中牝馬Sあたりからの始動になるものと思われる。秋のG1戦線で会えることを楽しみにしたい。

2着カラテもスムーズな競馬。関屋記念が外枠の馬が有利な傾向があるのは、毎年多頭数での競馬による1角までのポジション取りにより内がゴチャつくからだろう。本馬は7枠13番からのスタート。完歩の大きな馬で、外目の枠からスムーズな競馬ができたことが好走できた要因の一つだろう。また狙った訳ではないとは思うが、終始ソングラインをマークする形となり、最後の直線をソングラインと併せ馬。良い目標を持てたことも大きかった。勝負根性のある馬という特性も覚えておきたい。

この馬は、最後の直線残り400m辺りで一度左手前に替わり、残り200m辺りで右手前に戻すことでソングラインをクビ差差し切ることに成功しています。勝負根性もあるのですが、以外と器用で賢い馬という印象も受けました。長い直線の舞台では常に警戒したい1頭です。

3着ソングラインは、6枠11番からのスタート。14番クリスティ(デムーロ)が鋭い角度で外から内に切れ込んできたため、不利を受けて最序盤でポジションを落としてしまったのは痛かった。また、カラテに終始マークされ、人気を背負ってカラテよりも先に仕掛けざるを得ない状況。51㎏であったことを考慮しても、この状況での3着は立派と言えるのではないだろうか。この3着で評価が落ちるようなら美味しいと思った方が良い馬だ。

4着マイスタイルはメンバー中、上り3F時計がワースト2位。それでいて3着ソングラインにアタマ差4着であるのだから、横山典がいかに絶妙なペース配分で逃げたかを物語る。追い切り評価も【B+】を付けており調子が良かったことも好走要因の一つだろう。追い切りの良し悪しと成績がリンクしやすい1頭である。

5着グランデアーレは上り最速の33.8秒を繰り出しての5着と能力の1端を見せた。最序盤でアトミックフォースに前に入られ、ポジションが後ろになったことが痛かった。競馬にタラレバはないが、もしこの馬がアトミックフォースのポジションを取れていれば…。馬券内はあったのではないだろうか…。ただ全て結果論である。

最後に11着となったサトノアーサーについて。全く競馬ができていない。戸崎騎手は外を回しては間に合わないという判断で馬群に突っ込み進路が開くことに賭けたが、願いは叶わず進路がまったく開くどころか、行くところ行くところで進路を防がれる後手後手の競馬。上り2位タイの33.9秒の脚を出しつつも、能力の半分も出せないで終わったのはないだろうか。これで人気を落とすようなら次走狙い馬となる。

次走狙い馬:グランデマーレ、サトノアーサー

2021 関屋記念 小倉記念 追い切り評価 評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる