《2021》エルムステークス【最終追い切り】調教

2021 エルムS 最終追い切り 評価結果

2021年8月8日(日)に函館競馬場で行われる『エルムS(G3)ダ1700m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は14頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価となります。

以下の馬については、追い切り動画がありませんでした。

  • ロードブレス
目次

アメリカンシード  56.0 【B】

函館ダ単走。馬なり⑦

前脚をピンと伸ばし地を掃うようなフットワーク。走りがフワフワと軽く、芝馬かと思うような走り。ダート馬としては珍しい。追い切りからは高い評価は与えづらい。評価は据え置いた。

ウェスタールンド  56.0 【B+】

函館ダ単走。G前軽仕掛け⑧

四肢の可動域広く、身体全身を使った伸びやかなフォーム。既に9歳馬だが元気いっぱい。ここ数戦の中では最も動けている。直線で手前を替えることなく右手前1本で走った分だけを割り引いた。

jamie

【A】評価でも良いほどの動きでした。9歳ということで割り引くのは危険です。パドックも確実にチェックしたい1頭です。

ヴェンジェンス   56.0 【B-】

函館W単走。G前軽く促す⑧

それなりに伸びやかに動けているものの、口を開けながら今一つ気持ちの入らない追い切り内容。ゴール手前で軽く促すも、動きにさしたる変化なし。状態面は今一つではないだろうか。割り引きたい。

オメガレインボー  56.0 【B-】

函館W単走。G前軽仕掛け⑤

バランスの良い安定したフットワークで綺麗にコーナーを回ってくる。ただ直線向いても手前を替えなかった点は割引き。鞍上は3度も脚元を確認していた。G前で軽く促してからは反応して脚色を強めることができており、調子は悪くないのかも知れない。

jamie

当日のパドック気配が良ければ拾おうかなという感じです。

ケイティブレイブ  58.0 【C】

美浦坂路併せ。馬なり。

コーナーを逆手前で入ってくる。コーナーを曲がりながら途中で正手前に戻すも、直線もそのまま左手前で登坂。併せた相手には半馬身先着も、アタマは高く推進力上に逃がす走り。全体時計も遅く、1週前追い切りも平凡。評価できない。

スワーヴアラミス  56.0 【B-】

函館W単走。G前軽く促す⑧

序盤はクビを使って活気十分の走りであったが、直線向いて手前を替えると、急に走りがおかしくなり推進力を損ねる走りに。終いは脚があがっていた。首筋に激しい発汗も見られ、調子が良さそうには思えない。

ソリストサンダー  56.0 【B】

函館W併せ。G前強め⑩

2頭併せの外。1馬身先行しコーナー深く回ってくる。頭をグッと下げた好フォーム。胸前も厚く直線どれくらい弾けるのだろうと期待抱かせる内容であったが、直線に入ってからの動きが案外。仕掛けてからの反応も悪く、追って追ってもクビ差届かずという見栄えの悪い内容。本調子ではなさそうだが、フォームと馬体は素晴らしく評価は据え置いた。

タイムフライヤー  57.0 【B+】

函館ダ単走。馬なり⑧

掻き込むようなフットワークで脚元はとても力強い一方で、上半身の動きが小さく、脚元だけで走っている印象。とは言え、下半身の動きは鋭く力強い。十分プラス評価に値する動き。

ダンツキャッスル  56.0 【B】

函館W単走。G前仕掛け④

通ったコースは内目だったとは言え好時計。四肢の可動域は及第点も、毛艶よくキビキビとしたフットワークで活気十分に走れている。評価は据え置いた。

jamie

人気がないなら確実に押さえたい1頭です。

デルマルーヴル   57.0 【C】

函館ダ単走。馬なり⑤

身体の近いところでクルクルと脚を回し、思い切り走れていない。思い切り走る気がないといった方が適切だろうか。動きに伸びやかさなく、評価しづらい。

トップウィナー   56.0 【A】

函館W単走。馬なり⑩

四肢の可動域が広く、とても柔らかい動きをする馬。コーナー深く回り、途中で脚を取られ走りのリズムを崩すも、手前の切替タイミング良く、最後まで集中した走り。動きの柔らかさと、伸びやかさを高く評価したい。

jamie

この馬の動きをみていると、前走は決してフロックではないはず。すんなりハナが奪えるようなら面白いと思います。この枠からなら、そのチャンスは高そうです。

レピアーウィット  57.0 【B+】

札幌ダ単走。馬なり⑨

クビ筋に激しい発汗が見られ、クビをほとんど使えていない走りは割引。ただ脚元はパワフル。脚力が強いのだろう。推進力ある走りはできている。当日のパドックで落ち着いていることを条件にプラスに評価しておきたい。

jamie

当日のパドック気配は注視したい1頭です。入れ込んでいるなら割り引きたいと思います。

ロードゴラッソ   56.0 【A】

札幌ダ併せ。G前強め⑦

2頭併せの内。前を1馬身追走しコーナー深く回り直線に入ってくる。ラスト1Fから強めに仕掛けると、ゴール前できっちりアタマ差交わして先着。首が前に出ていかないフォームも脚力は十分。前脚を高く上げ、地面をしっかり掻き込んでパワフルに推進力ある走りができている。勝負根性を見せ先着したあたり調子が良さそう。高く評価しておきたい。

jamie

想定オッズをみると最低人気。これなら絶対に買っておきたい馬です。

今週開催のその他重賞レース

レパードS(G3)

あわせて読みたい
《2021》レパードステークス【最終追い切り】調教
《2021》レパードステークス【最終追い切り】調教2021年8月8日(祝)に新潟競馬場で行われる『レパードS(G3)ダ1800m』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り評価とな...
2021 エルムS 最終追い切り 評価結果

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる