《2021》ラジオNIKKEI賞【評価結果】-レース回顧

2021 CBC賞 ラジオNIKKEI賞 追い切り 調教 評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬に評価を付け高評価としたのは5頭。

高評価馬1頭が馬券内も、残りはマイナス評価馬。使いようによっては参考になったかもだが、ほとんど参考にならなかったと言って過言ではないだろう。

着順馬名評価人気
1ヴァイスメテオールB-4
2ワールドリバイバルB-11
3ノースブリッジB+7
4タイソウB+9
5シュヴァリエローズB+3
6ボーデンB1
7プレイイットサムB-6
8アイコンテーラーA13
9リッケンバッカーB2
10ヴェイルネビュラA12
11ワザモノB-16
12アサマノイタズラB-5
13スペシャルドラマB10
14グランオフィシエB-8
15デルマセイシC15
16ロードトゥフェイムB14

レース回顧

勝ち時計1:48.0秒は少し遅いか。昨年も稍重馬場で行われたが1:47.3秒。ただ勝ち時計については、梅雨時期に開催されることもあり、当日の馬場状態にバラつきが大きく評価が難しい。

過去10年における良馬場での平均勝ち時計は1:46.3秒である。

ペースは、前半600mが35.6秒、後半600mが35.2秒。前後差が1秒以内のミドルペースでレースが行われた。

前半1000m通過タイムは、1:00.7秒。

このペースを作ったのは、ノースブリッジ(岩田康)であった。

パドック

1着ヴァイスメテオールのみ拾えたものの、パドックでの評価は5番手。あまり褒められたものではない。ワールドリバイバルあたりを拾ていれば格好は付いたかもだが…。

レース

ヴァイスメテオールが2着に2馬身半差をつけて圧勝。この馬の強さだけが目立つレースであった。

ヴァイスメテオールは、稍重馬場の新馬戦、不良馬場の1勝クラスで勝利しており、今回も稍重馬場での勝利と、これで稍重~不良馬場は3戦3勝。重馬場巧者ではなく、良馬場で行われたプリンシパルSでも、上り33.4秒と早い脚を出せており、総合力が高い。

2着~5着馬は、みな先行したか、INを走った馬たち。

外を回った馬は全滅となったが、これは勝負どころの最終コーナーで、ヴァイスメテオールが、グランオフィシエとアイコンテーラーの狭いところを突いたために、アイコンテーラーが外に弾かれ、玉突き事故のようにワザモノ、リッケンバッカー、ボーデンらが大きく外に膨れてしまったことも影響してそうだ。

そう言った意味では、これだけ外を回らされ上り3F時計5位の脚を見せたボーデンは次走見直す価値はありそう。

ボーデンよりも評価したいのが、ヴェイルネビュラ。最後の直線ではボーデンより更に外を走り、上り3F時計4位の脚を使っていた。流石にこのレースで後方からこれだけ外を回してはきつかった。

高評価したもう1頭のアイコンテーラーは、51㎏を背負ってこの着順。序盤は4~5番手につけ絶好のポジションにおり、これはチャンスと思ったが、最終コーナーでヴァイスメテオールに馬体をぶつけられ、少し戦意喪失してしまったか…。調子は良かったとは思うが…。能力的に少し足りなのかも知れない。

2021 CBC賞 ラジオNIKKEI賞 追い切り 調教 評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる