《2021》プロキオンS【最終追い切り】調教

2021 プロキオンS 追い切り 調教評価

2021年7月11日(日)に小倉競馬場で行われる『プロキオンS(G3)ダ1700m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り評価となります。

以下の馬については、追い切り動画がありませんでした。

  • アヴァンティスト
目次

ウェスタールンド   56.0 【B】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

馬場の真ん中を登坂。ラスト2Fでの手前替えにややスムーズさを欠くも、その後は身体を真っ直ぐ向け弾むように登坂してくる。ラスト1Fからの鞍上の仕掛けには反応できていたものの、動きに往年のキレなく、何か脚が空回りしている印象。評価は一つ割り引いた。

サンライズホープ   56.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。大きなフットワークで走る馬で脚元の力感十分。鞍上は持ったまま。馬自ら、終いにかけて脚色をグングン伸ばし、綺麗な加速ラップを踏んで登坂した。何より脚元がパワフル。高く評価したい。

スマートダンディー  56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

前脚のつなぎの返し方が独特な馬。球節が柔らかいのだろう。個人的にあまり好きな走法ではないが、活気十分にキビキビとスナップの効いた走りはできている。ラスト70mあたりで手前を替えて綺麗な加速ラップを維持した。プラスに評価してみたい。

タイガーインディ   56.0 【B-】

栗東坂路単走。G前軽く促す。

馬場の真ん中ややラチ沿いを登坂。ピッチ走法の馬。終始キビキビとした走りで最後まで脚色衰えることなく、軽く促されながらも加速ラップを踏めた点は評価できるのだが、何か脚元が忙しく走りに余力を感じない。この馬は短い距離の方が良いのではないだろうか。序盤口を開けていた点、首筋から胸元にかけて発汗が目立っていた点を加味して評価は割引いた。

タイサイ       56.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

クビの可動は狭いも、固定できている位置はよく、低い姿勢を保ち走れておりフォームは悪くない。寧ろ美しい部類か。ただ、まだ脚力が弱く、併せた相手にジワジワ引き離され、最後は3馬身は突き放されたか。この馬なりに集中して走れてはいるも、評価しづらい。

ダノンスプレンダー  56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

大きな馬体の馬。既に仕上がっているのだろう。馬場の真ん中をゆっくりと馬の気分に任せて登坂した。全体時計57.1-12.8秒と時計は出ていないものの集中して、馬格を活かしたスピード感ある走りができており気配は悪くない。プラス評価とするか迷ったが、評価は据え置いた。

jamie

当日のパドックで必ずチェックしたい1頭です。

トップウイナー    56.0 【B】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑨

2頭併せの外。コーナーを深く回り、内の相手を1馬身追走した状態で直線に入ってくる。それほど小柄な馬でもないのだが線が細く映った点は割引き。ただギアチェンジ性能はなかなかで、G前で鞍上が仕掛けると素早く反応して併せた内の相手に1馬身先着した。脚元非力も何かマイナスにはしたくない動き。評価は据え置いた。

jamie

この馬はまだ脚元が非力なため、良馬場よりかは湿った軽いダートの方が良いと思います。目黒記念の最終追い切りでもよく見えた馬だったという記憶が残っています。爆穴になるかも知れません。

ナムラカメタロー   56.0 【B】

栗東B単走。G前仕掛け④

負荷のかかるダートコースでの追い切り。まだ絞り切れていないのだろうか。確かに仕掛けてからの反応一息で、動きは少し重く感じた。ただ基礎スピードが高いのだろう。まだ本調子ではない思うのだが、大きめのフットワークでスピード感ある走りができている。この一追いでどこまで…。評価は据え置いた。

ブラックムーン    56.0 【B-】

栗東CW単走。G前強め⑥

前肢は上には高く上がっているものの、前への伸びやかさがない。またクビも前に出ていかず、活気はあるが十分な推進力を産み出せないフォームとなっている点は大きく割引。ただ活気は十分でこの馬なりに調子は良さそう。脚元の力強さはそこそこあり、フォームが改善されれば面白いのかも知れないが…。

ペプチドバンブー   56.0 【B-】

栗東坂路併せ。馬なり。

手前を替える際、アタマを上げ、クビを振り嫌がる仕草。気性に難しい一面があるところを見せた。その後も、相手の方に顔を向けながら走るなど全体的に集中力欠く走り。ラスト1Fから追ったラチ沿いの相手に半馬身遅れ。評価できない。

マリオマッハー    56.0 【B+】

栗東坂路単走。G前軽く促す。

残り300mでカチッと手前を替えると、クビを使って活気十分の走り。体幹がしっかりしており真っ直ぐ走れているのもプラス。時計は出ていないものの、道中の加速度合いは素晴らしく、最後までしっかりと加速ラップを維持した。最後まで集中力ある走りができていた点を高く評価したい。

メイショウウズマサ  56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

手前替えにスムーズさを欠いていたものの最後はしっかり左手前に決めており問題なし。評価したいのは弾力性あるフットワーク。動きにキレがあり、キビキビと力強く登坂することができている。最後は、少し舌を出していただろうか。ただ、走りはしっかりしており、余力十分と捉えることもできる。綺麗な加速ラップも踏めている。プラスに評価してみたい。

メイショウカズサ   56.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中を登坂。序盤の走りは悪くなかったが、徐々に苦しくなるも、手前を替えることなく右手前1本で登坂。アタマも上り、ラスト1Fで0.3秒の失速。全体時計54.1-12.7秒と時計面でも評価しづらい。

メイショウワザシ   56.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中やや植え込み側を登坂。右手前で引っ張り、ラスト1Fで左手前に替わるも、ゴール直線で右手前に戻した点は割引き。脚元パワフルも重心は少し高め。元々、追い切りで動く馬だが、今回は時計も平凡で、本調子でないように思える。評価は割引いた。

ワイドファラオ    58.0 【B】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

走りはパワフルでさして悪いところのない走りなのだが、鞍上が促し促しの走りで、走りに余力は感じない。良いときは馬なりで唸るように走る馬。今回は評価を据え置いた。

出走が叶わなかった馬たち

アードラー      56.0 【C】

栗東坂路併せ。G前仕掛け。

ラチ沿いを登坂。馬体を離しての併せ馬。低い姿勢で走り序盤の動きは悪くなかったが、ラスト1Fで脚色が鈍り、馬なりの相手に対して、強めに仕掛けるも反応できず、半馬身遅れでフィニッシュ。フォームは悪くないものの、ラスト1Fの失速が目立つ内容。本調子には思えない。

エクスパートラン   56.0 【D】

栗東坂路単走。馬なり。

全体時計55.7-13.5秒。時計が遅すぎること、内容が軽すぎることから評価不能。ラチ沿いをただゆったりと駆けさせた。除外対象馬。重賞に臨むにあたっての最終追い切りとはとても思えない。

バンクオブクラウズ  56.0 【A】

栗東CW単走。G前軽仕掛け⑦

前脚を高々と上げ大きなフットワーク。アタマの位置も低く、クビを使って活気十分に走れている。鞍上からの合図に素早く反応し加速、ムチを抜く仕草にも反応するアタマの良さを見せていた。時計は地味だが、四肢の可動域は広く、動き柔らか。高く評価したい。

7/20(火)盛岡競馬場で行われるマーキュリーカップ(JpnⅢ ダート2000m)に出走予定。補欠馬ですが出てきたら面白いと思います。

マリオ        56.0 【B-】

栗東坂路単走。G前気合い付け。

真っ直ぐに走れてはいるのだが、アタマは高めで、動きに伸びやかさがない。淡々と走るもラスト1Fで0.3秒の失速。鞍上からステッキの激が飛ぶも、さしたる反応なく平凡にゴールした。評価しづらい。

ロードラズライト   56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の植え込み側を登坂。途中前の馬においつきそうなり進路をラチ沿いに寄せた。操縦性の高そうな馬だ。時計は出ていないものの、最後まで集中して駆けた。全体時計は57.8秒と遅いも、余力十分にラスト2F時計25.0-12.4秒のラップが踏めた点は評価したい。

今週開催のその他重賞レース

七夕記念(G3)

あわせて読みたい
《2021》七夕賞【最終追い切り】調教
《2021》七夕賞【最終追い切り】調教2021年7月11日(日)に福島競馬場で行われる『七夕賞(G3)芝2000m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り...
2021 プロキオンS 追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる