《2021》函館記念【評価結果】―レース回顧

2021 中京記念 函館記念 函館2歳S 評価結果 レース回顧 追い切り 調教評価
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭に評価を付け高評価としたのは5頭。【A】評価馬どおしの1、2着決着で最高の結果となった。【A】評価馬の1頭は14人気のアイスバブルだったことも評価できるところだろう。

jamie

実際、Twitterのフォロワーの方からも「記事を参考に、大きな馬券を的中できました」と嬉しい報告もいただきました。参考にして下さった方は、本当におめでとうございます!

jamieのファン

人気薄の【B+】評価馬ディアマンミノルも首差の4着と健闘していたね。

着順馬名評価人気
1トーセンスーリヤA2
2アイスバブルA14
3バイオスパークB12
4ディアマンミノルB+11
5サトノエルドールB-8
6ジェットモーションC4
7ワールドウインズC5
8マイネルウィルトスB3
9カフェファラオB+1
10ハナズレジェンドB6
11ドゥオーモB15
12タイセイトレイル16
13ワセダインブルーB-9
14マイネルファンロンB7
15レッドジェニアルB+13
16アドマイヤジャスタB10

レース回顧

勝ち時計1:58.7秒は早い。過去10年で2番目に早い時計。本レースの良馬場における過去10年の平均勝ち時計は1:59.6秒であることから十分早いと言えよう。

ペースは、前半1000mが58.5秒、後半1000mが1:00.2秒。1.7秒前半の方が早いハイペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、レッドジェニアル(坂井瑠)であった。

回顧

筆者の本命はアイスバブル。対抗はトーセンスーリヤ。3番手はディアマンミノルであった。

レッドジェニアルとマイネルウィルトスが競り合うカタチで、後続を4馬身ほど引き離しての逃げ。

ハイペースで後方有利な展開の中、先行したトーセンスーリヤが、後続を3馬身突き放しての快勝。一頭違う強さを見せつけた。

優勝したトーセンスーリヤは、最終追い切りでも抜群に動けており、「追い切りの動き」と「成績」がリンクする馬という印象。筆者にとっては買いやすい馬だ。

2着アイスバブルは、ハイペースを後方からと展開に恵まれた1頭であるが、最後の直線で前が詰まる不利あり。追走はラクそうで4角での手応えも抜群。前が詰まる不利がなければ…。もしかたら1着があったかも知れない…。そう思わせるほどの脚色ではあった。

3着バイオスパークはソツのない競馬。外枠からスッと前につけ勝ち馬をみるポジション。池添騎手が上手く乗ったが、昨年(3着)時は55㎏で今回は57㎏。よく頑張った。洋芝適正も高いのだろう。

悔しかったのが4着ディアマンミノル。この馬が3着であれば、大きな馬券をGETできていただけに悔しいクビ差4着となった。アイスバブルとほぼ同じ位置取りだったがポジションは外。外を回したこちらの方が評価が高いという見方もできるが、アイスバブルは前が詰まる不利があり脚色は、アイスバブルの方が勢いはあった。

勿体なかったのが、直線でムチを落としたこと。ラスト1Fはムチを使って追うことができなかった。これがなければ…。着差はクビ差である。馬券内があったかも知れない。

最後にカフェファラオについてだが、最後の直線ではアイスバブルに進路を遮られての9着であり、これがなければ、もしかしたら掲示板はあったかも知れない。58.5㎏のハンデも効いていたように思える。ルメール騎手は、「距離や芝は大丈夫。ただ、1番枠で狭くなってしまいました。彼は狭くなると気にしてしまう馬なので…。」というレース後のコメントをしていたが、果たしてそうなのだろうか?

この馬の評価については、意見が分かれるところかも知れないが、追い切りの動きを見ている限り、芝での走りも問題なさそうで、それほど悲観する内容でもなかったというのが筆者の考え。これでグッと評価を落とすようなら、次走は以外と面白いのかも知れない。

2021 中京記念 函館記念 函館2歳S 評価結果 レース回顧 追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる