《2021》函館2歳S【評価結果】-レース回顧

2021 中京記念 函館記念 函館2歳S 評価結果 レース回顧 追い切り 調教評価
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は11頭。追い切り動画で確認できた8頭に評価を付け高評価としたのは3頭。【A】→【B+】→【B】の決着で参考になった方がいたかも知れない。

着順馬名評価人気
1ナムラリコリスA3
2カイカノキセキB+2
3グランデB10
4イチローイチロー8
5カワキタレブリーB-9
6トーセンヴァンノ5
7ポメランチェB+1
8リトスB6
9フェズカズマB7
10メリトクラシーB-4
11ラブミードール11

レース回顧

勝ち時計1:09.9秒は普通。過去10年の良馬場における平均勝ち時計も1:09.9秒であることから普通と言えよう。

ペースは、前半600mが33.7秒、後半600mが36.2秒。2.5秒も前半の方が早いハイペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、ポメランチェ(藤岡祐)であった。

回顧

この日はリアルタイム参戦できず馬券は事前購入。

後追いで見たパドックでは、グランデは確かに良く見えた。

この馬をパドックから拾えていれば3連単14万馬券をGETできていた可能性がある訳だが、これは結果論である。

スタートは、外のリトスが早かった。

最初の1Fはリトスが先頭も、1番人気のポメランチェがハナを譲らず、この2頭で後続を2~3馬身引き離すカタチに。

前半2F時計は22.3秒である。

前走の新馬戦(札幌芝1200m)では1分7秒台で走ったが、この時の前半2F時計は22.8秒である。

ポメランチャは結果的にはオーバーペースだったか…。

馬体重が400㎏程度しかなく小柄な牝馬ではあるが、追い切りでは良い動きを見せていた。

これで人気が落ちるようなら、次走狙ってみるのは面白いかも知れない。

優勝したナムラリコリスと2着カイカノキセキは、逃げたポメランチェから3~4馬身ほど離れた3、4番手を追走。

ポジションが良かった。

ナムラリコリスは大外枠だったが、11頭立てという少頭数であることも幸いした。

函館芝1200mは8枠の成績が良くない印象です。(すみません。時間なくキチンと調べられておりません。)

勝ち時計は標準的で、昨年の勝ち馬リンゴアメのような戦績を辿るような気もする。ナムラリコリスについては、この勝利で過度な期待はかけたくない。

3着グランデが馬券的には肝だった。ハイペースで少頭数。若駒のレースで最終コーナーをタイトに回れない馬もいある中、この馬は、1枠1番を活かし後方から最終コーナーをタイトに回り、終いキレて(上り最速)の3着。

「函館芝1200mにおけるパドック気配の良い内枠の馬は、気を付けた方が良い」のかも知れない。

2021 中京記念 函館記念 函館2歳S 評価結果 レース回顧 追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる