《2021》マーメイドS【最終追い切り】調教

2021 マーメイドS 追い切り 調教 評価

2021年6月20日(日)に阪神競馬場で行われる『マーメイドS(G3)芝2000m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価となります。

以下の2頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • イズジョーノキセキ
  • クラヴェル
目次

アッシェンプッテル  54.0 【B】

栗東CW併せ。馬なり⑦

終始舌を出している点は割引も、重心低いフットワークで地面を這うような走り。脚元パワフルに、外に1馬身、中には1馬身半先着した。

アブレイズ      56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中やや植込み側を登坂。安定したフットワークで最後まで集中して駆けた。馬体もふっくら見せ、綺麗な加速ラップも踏めている。

アンドラステ     55.0 【B+】

栗東CW単走。馬なり⑨

軽く流しているだけのように見える追い切りも終いの時計はしっかり。それでいて馬はとてもラクに走っているように見せるあたり好調なのだろう。ピッチ走法の馬で四肢の可動域は決して広くないものの、後肢で地面を蹴り出す角度がよく、強い推進力ある走りができている。

カセドラルベル    54.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前仕掛け。

緩いコーナーを逆手前で回ってくる。脚元の力感薄く、何かフワフワとした走り。クビを使って走れていない点も割引。ラスト1Fでしっかり追うも、軽く仕掛けた相手にスッと前に出られ、半馬身遅れた。走りは評価できないが、ラスト2F時計だけ見ると24.3-11.9秒は優秀。ただ評価しづらい。

キングスタイル    54.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

残り300mあたりで手前を替えようとするも替わらず。そこからは走りのリズムを崩したのか僅かに減速。ラチ沿いを走る馬なりの相手にも1馬身遅れ。右手前1本で登坂した点含め、評価しづらい。

サンクテュエール   55.0 【B】

美浦南W併せ。G前軽仕掛け⑥

3頭併せの内。前を2馬身追走し直線に入ってくる。直線向いて前との差は1馬身。慌てることなく相手の仕掛けを待ってからの追い出し。軽く仕掛けられてからグッと伸びる動きは迫力あり。最後は併せた相手と併入した。全体としては覇気に欠ける内容も、とてもリラックスして余力十分の内容で悪くない。決して調子は悪くないだろう。

シャドウディーヴァ  55.0 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

やや不規則なラップを踏みながら直線に入ってくる。直線序盤は前脚の掻き込みのキレ味鋭かったが、クビの振り幅一定とならず推進力を上に逃す走りだった点は割引。こんなにピッチ走法で走る馬だっただろうか。終い時計はしっかり出ているものの、走りに余力は感じない。最後はステッキ入れて軽く追われたラチ沿いの相手にハナ差交わされてしまった。

シャムロックヒル   50.0 【A】

栗東CW単走。馬なり⑦

遠目にみてもスピード感十分にコーナーに入ってくる。コーナー手前で馬自ら息を入れるために減速し、直線向くとカチッと手前を替えて、ジワジワと加速。直線半ばからは首をグッと下げ、馬自ら更に加速。トモの蹴りにキレがあり力感も十分。ハンデも魅力。高く評価したい。

ソフトフルート    54.0 【B】

栗東CW併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。1馬身追走から直線向いて並びかける。軽く促すだけでほぼ馬なりで、追う外の相手に2馬身先着。四肢の可動域は狭く、後肢の力感も薄く感じたが、優秀なラスト1F時計。前駆がとてもパワフルで、クビを前に突き出して走ることで推進力損ねない走りが出来ているためだろう。坂は強いかも知れない。

パッシングスルー   54.0 【B】

美浦南W単走。G前仕掛け⑦

大きなフットワークで走る馬。この馬は揉まれない競馬の方がパフォーマンスを発揮しそう。後肢が外を回るフォームは割引も、直線向いてからの走りはクビの角度がよくスピード感十分の推進力ある走り。ただ、直線半ばで左手前に戻してしまい、勢い欠く走りになってしまったのは少し気になるところ。手前替えはスムーズでスピードは殺していなかったが…。評価は据え置いた。

フィリアプーラ    54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの外。序盤は力んだ走り。肩口に発汗も見られた。ただ直線向いて、鞍上がクビをほんの少し押しこみ合図を送ると瞬時に反応し、高いギアチェンジ性能を見せた。また、そこからは一転して柔らかく弾力性のある大きな走りに。コーナーでピッチ走法、直線ではストライド走法。なかなかに器用な馬。時計は平凡で1馬身先行から最後併入と目立つ内容ではなかったため評価は据え置いたが、パドックで注意したい一頭。

jamie

細かな動きから好調とみてプラスとするか迷った1頭です。

ホウオウエミーズ   50.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。2馬身半前にいる外の相手をリラックスした状態で追走。キビキビと走りで馬の走る気は十分。直線で相手に並びかけると馬自ら脚色を強め、一時はクビ差前に出るも、最後は追われた外の相手と併入した。脚元の力感に物足りなさは感じるも、この馬なりに調子は良さそう。

ミスニューヨーク   53.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。最終追い切りは終い重点の軽めの内容。道中右手前に替えたがる素振りを見せスピードを落とすも、右手前に替わってからの走りは迫力十分。ラスト1Fだけの動きを見ていると、動きにキレがあり活気も十分。いつもよく見せる馬だが、今回は過去に見せた追い切りの動きと比べると少し落ちるか…。とは言え、このメンバーに入ると上位。高く評価したい。

jamie

53㎏のハンデはかなり恵まれたのではないでしょうか。個人的にはこの馬の単勝は買いたいと思います。

レッドベルディエス  53.0 【B】

美浦坂路併せ。馬なり。

コーナーで逆手前、直線向いて逆手前。それに違和感を感じて、直線ではすぐ正手前に戻してはいたが…。完全馬なりだったとは言え、時計は平凡で併せた相手と併入と見栄えしない内容だったが、脚元に力強さがあったため、評価は据え置いた。

出走が叶わなかった馬たち

アカイイト      52.0 【B-】

栗東坂路単走。G前追う。

馬場の真ん中ややラチ沿いを登坂。序盤は真っ直ぐ駆け上がるも、終い脚が上がり、右にヨレ、ラスト1Fで0.8秒の失速。評価しづらい。

イルマタル      50.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。重心高く、こじんまりとした走りで動きに伸びやかさがない。時計も平凡で評価できない。

シャレード      51.0 【B】

栗東CW単走。G前仕掛け⑦

右回りのコーナーリングは綺麗に馬体を倒しながら回れており、とても上手い。直線での手前替えにスムーズさを欠いたものの、手前が決まってからは、クビを大きく動かし活気十分の走り。前脚の伸びやかに物足りなさは感じるもトモの可動域は十分で力強い。ただ、良い走りが長くは続かず、最後に馬が勝手に走るのをやめて手前を戻した点は割引。評価は据え置いた。

ペプチドフシチョウ  49.0 【C】

栗東CW併せ。一杯⑧

3頭併せの内。前を2馬身追いかけ直線向いて並びかける。早々とムチを入れて一杯に追うも、軽く仕掛けた外の相手に1馬身突き放されてしまうという内容。時計はでておらず、動きもこじんまりと、のびやかさなく評価できない。

ムジカ        52.0 【B+】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

この馬らしい弾むようなフットワーク。前後の脚も真っ直ぐ前に出ている。ただ体幹がまだ少し弱いか、少しフラフラとした走り。ラスト1Fで軽く仕掛けて、スッと1馬身先着した。開幕週の阪神の馬場はこの馬に合いそうで、ハンデもかなり魅力。

jamie

52㎏は少し反則かも知れません。

今週開催のその他重賞レース

ユニコーンS(G3)

あわせて読みたい
《2021》ユニコーンS【最終追い切り】調教
《2021》ユニコーンS【最終追い切り】調教2021年6月20日(日)に東京競馬場で行われる『ユニコーンS(G3)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切...

来週のG1レースを先取りしよう

宝塚記念(G1)

あわせて読みたい
《2021》宝塚記念【1週前追い切り】調教
《2021》宝塚記念【1週前追い切り】調教2021年6月27日(日)に阪神競馬場で行われる『宝塚記念(G1)芝2200m(定量)』の1週前追い切り評価となります。出走登録は15頭。追い切り動画で確認できた9頭の追い切...
2021 マーメイドS 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる