《2021》マーメイドS【評価結果】-レース回顧

2021 マーメイドS ユニコーンS 追い切り 調教 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた14頭に評価を付け高評価としたのは4頭。

10番人気で単勝オッズ20.5倍でありながら、唯一のA評価としたシャムロックヒルが1着。今回は少しは参考になった人がいたかも知れない。

ただ2着は映像なしの馬で、3着はマイナス評価とした馬。マイナス評価は3頭にしかつけおらず、個人的にはとても残念な結果となってしまった。

着順馬名評価人気
1シャムロックヒルA10
2クラヴェル5
3シャドウディーヴァB-6
4アンドラステB+3
5ホウオウエミーズB12
6アブレイズB+9
7イズジョーノキセキ2
8ソフトフルートB1
9キングスタイルB-14
10レッドベルディエスB11
11サンクテュエールB4
12カセドラルベルB-7
13アッシェンプッテルB16
14フィリアプーラB13
15ミスニューヨークB+8
16パッシングスルーB15

レース回顧

勝ち時計2:00.4秒は遅い。

過去10年において良馬場で行われた中では、過去2番目に遅く、過去10年の平均勝ち時計1:59.7秒より0.7秒遅い。

前日の土曜日は雨の影響で稍重馬場があったとは言え、日曜日は晴れて良馬場に回復。そして今年は阪神開幕週の馬場であったことを考えると、やはり遅いと言えよう。

ペースは、前半1000mが1:00.8秒、後半1000mが59.6秒。1.2秒後半の方が早いスローペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、シャムロックヒル(藤懸貴)であった。

レース回顧

筆者時間の都合上、とても簡単な感想だけ。

勝ったシャムロックヒルは、絶妙なペースで逃げて展開利を作り出す藤懸貴志騎手の好騎乗。

藤懸貴志騎手は、デビュー11年目にして嬉しい初重賞制覇。50㎏のハンデや調子が良かったこともあるが、それよりも藤懸貴志騎手の好騎乗が勝利の最大の要因と考える。

2着クラヴェルは、映像がなく追い切り評価を付けられなかった馬であったが、1頭違う脚を使い、後方から追いこんで2着。この馬も51㎏の軽ハンデ馬。結果論だがハンデが50㎏ならさせていたのかも知れない。

面白いのは、このレースはスローペースで先行馬有利に見えるが、決してそういう訳ではないというところ。

ただ外を回った馬(ミスニューヨークやパッシングスルーなど)にはキツイ展開だったようだ。

3着シャドウディーヴァは、終始内で我慢して直線勝負。55㎏のハンデを考えると「クビ・クビ」差の3着は立派だった。

2021 マーメイドS ユニコーンS 追い切り 調教 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる