《2021》目黒記念【評価結果】―レース回顧

2021 日本ダービー 目黒記念 葵ステークス 評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭に評価を付け高評価としたのは5頭。

勝ち馬は、追い切り映像のなかったウインキートス。高評価馬は軒並み下位に沈み、全く参考にならない結果となってしまった。

着順馬名評価人気
1ウインキートス8
2ヒートオンビートB2
3アドマイヤアルバB-15
4グロンディオーズB1
5ゴールドギアB-9
6ダンスディライトB-12
7サンアップルトンB-6
8アイスバブルB-14
9トラストケンシンB+11
10ナムラドノヴァンB10
11ムイトオブリガードA7
12ミスマンマミーアB+3
13アドマイヤポラリスB-5
14ディアマンミノルA4
15サトノルークスB13
16トップウイナーB+16

レース回顧

勝ち時計2:32.8秒は遅い。

この時計は過去10年で最も遅く、良馬場における過去10年の平均勝ち時計は2:30.0秒よりも2.8秒も遅い。かなり遅い時計と言えよう。

ペースは、前半1300mが1:22.0秒、後半1200mが1:10.8秒。これを単純に引き算すると11.2秒後半の方が早い。

この11.2秒は200mで刻むことのできるラップであり、本レースは極度のスローペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、トップウイナー(和田)であった。

パドック

1着馬ウインキートスはパドック3番手評価で拾えていたものの、後はさっぱりだった。

ただ、このレースについては前に行ったもの勝ちというレースであり、後方にポジションした馬はノーチャンスだった。

総評

各馬ソロっとしたスタート。押して逃げた大外枠のトップウイナーが難なくハナに。最初の直線200mから12.5秒と緩いラップ。1~2コーナーを13.3秒-13.2秒と後続を引き付けながらゆっくりと回る。

逃げたトップウイナーの和田の意識は、向こう正面の坂を勢いよく上り、後は惰性で最後の直線を迎えるイメージだったのだろう。

和田トップウイナー向こう正面で12.4秒-11.9秒と少しペースを上げる。

問題はここ。

ここでついて行ったのは、ウインキートス(丹内)だけ。

1~2角でかなり遅いペースであると分かっているにも関わらず、3番手アドマイヤアルバ(北村宏)以下の後続は、差を詰めなかった。

逃げるトップウイナーを唯一追走し、2番手にたウインキートスが叩き出した上り3F時計は、驚きの32.5秒(2位)である。

これでは後ろは届かない。

jamie

後方の馬が、ウインキートスを逆転するには、上り3F時計30秒台とかいう訳の分からない時計を出す必要がありました。

2着ヒートオンビートは、中団の位置から上り最速の32.4秒を繰り出しての2着は力を示したか。

3着アドマイヤアルバは、3番手を追走した馬。展開利活かしての3着。

jamie

この馬でも、上り3F時計は33.0秒(7位)の脚を使っていました。どれだけ前半と中盤が遅かったかが良く分かります。

中団~後方勢で1頭気を吐いたのが4着に来たグロンディオーズ。それでも上り3F時計は32.7秒(3位)であり、ウインキートスよりも遅く、4馬身離されての4着が精一杯。

本命としたディアマンミノルは、スローからの瞬発力勝負には向かない馬ということは分かった。

ディアマンミノル:スローからの瞬発力勝負には向かない。

筆者時間の都合上、本レースの回顧はここまでとさせていただく。

2021 日本ダービー 目黒記念 葵ステークス 評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる