《2021》オーシャンS【評価結果】―レース回顧

2021 チューリップ賞 オーシャンS 弥生賞ディープインパクト記念 追い切り 調教評価 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた14頭に評価を付け高評価としたのは5頭。結果は【B-】→【A】→【B+】。高評価2頭が馬券内も1着がマイナス評価馬。コントラチェックのような馬を追い切りからズバッと高評価できるとカッコ良いのだが、今回この馬はキラリ。と光って見えなかったため仕方ない。6番人気のビアンフェの馬券内食い込みが少しは参考になっていると嬉しい。

着順馬名評価人気
1コントラチェックB-11
2カレンモエA1
3ビアンフェB+6
4ヒロイックアゲンB-14
5カイザーミノル3
6ダイメイフジB-8
7ヴェスターヴァルトB-10
8ラヴィングアンサーB-5
9アストラエンブレムB+9
10アンヴァルC13
11アイラブテーラーB7
12アウィルアウェイC4
13アルピニズムB+2
14キングハートB15
15エイティーンガールB+12
16ナリタスターワン16

レース回顧

スプリンターズSの前哨戦として重要な1戦であり、時間をかけてレース回顧をしたいところですが、筆者時間の都合上、簡単な感想レベルの回顧となります。

勝ち時計1:08.8秒は遅い。本レースの一昨年の勝ち馬モズスーパーフレア、昨年の勝ち馬ダノンスマッシュはともに1:07秒台で走破しており、これに比べるとレベルが落ちる。ただ馬場状態の影響も考えられ、これについては少し時間をかけてみないと何ともいいづらい。

結果的に前に行った馬の1,2,3決着。何とも味気ない決着ではあったが、ビアンフェの刻んだ前半3F 33.7秒という決して早くはないが、めちゃくちゃく遅い訳でもないという絶妙なペースがこの結果を産み出したようにも思える。

本番に向けてのキーホースはやはりカレンモエ。今回は好スタートから、ビアンフェの番手を追走し、直線抜け出しを図るというほぼ完璧なレースで勝ちに等しいレースではあったが、最後の最後でコントラチェックにハナ差された。

ことをどうみるか。確かにコントラチェックは終始外々を回っており、一見すると物足りなく思える。これについてはもう少し時間をかけて考察してみたい。

2021 チューリップ賞 オーシャンS 弥生賞ディープインパクト記念 追い切り 調教評価 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる