《2021》京都金杯【最終追い切り】調教

2021 京都金杯 追い切り 調教 評価

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2021年1月5日(火)に中京競馬場で行われる『京都金杯(G3)芝1600m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走は16頭。追い切り動画で確認できた12頭の追い切り評価となります。

以下の4頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • ケイアイノーテック
  • タイセイビジョン
  • ブラックムーン
  • ラセット
目次

エントシャイデン  56.0 【B+】

栗東CW単走。G前仕掛ける⑨

12/31(木)この日の栗東は雪。エントシャイデンが追い切った時間帯に雪は降っていなかったが、コースの端には雪が積もり馬場状態は不良。

コーナーを深く回り直線へ。直線に向いても手前を替えず、顔をラチ側に向け、走ることを拒むような素振り。鞍上が強引に手前を替えさせ、ムチを抜く仕草でやっと走る気に。走る気になってからはクビを使って伸びやかで力強い走り。ゴールを過ぎても勢いそのままに駆け続けた。気正面の難しさは感じる内容も、終いの動きの質を高く評価したい。

ケイデンスコール  56.0 【B】

栗東坂路単走。G前一杯。

1/2(土)この日の栗東は晴。良馬場での追い切り。

馬場の真ん中を弾むように登坂。ラスト1F手前での鞍上の仕掛けを契機に、急速なギアチェンジ。素早く反応し、馬群を縫うように前の馬を4頭交わしてフィニッシュ。全体時計は58.4秒と遅いものの、ラスト2Fは25.1-11.8秒と優秀。ギアチェンジ性能と終いのキレ脚は評価したい。

サトノアーサー   57.5 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

12/31(木)この日の栗東は雪。サトノアーサーが追い切った時間帯は雪が降っており、コースの端には雪が積もり馬場状態は不良。

植え込み側から馬場の真ん中に向けて斜行気味に走るも身体の向きは進行方向に対して真っ直ぐであり問題ない。右手前1本で登坂も完全馬なりで余力十分。終始安定したフォームで力強く加速ラップで駆けた点は評価したい。

2週前の12/24(木)に52.9-11.8秒の好時計を計時しており、最終追い切りは軽めの内容だったのだろう。追い切り過程からはまず好調に思える。最終追い切り評価としては【B】評価としたが、パドック気配は十分にチェックしていただきたい。

シュリ       56.0 【B+】

栗東坂路単走。G前強め。

12/31(木)この日の栗東は雪。シュリが追い切った時間帯は雪が降っており、コースの端には雪が積もり馬場状態は不良。

不良馬場で全体時計51.4秒。ラスト2F時計24.6-11.9秒は極めて優秀。この日追い切られた組では1頭抜けた時計となっている。時計だけでも十分評価できる内容。動きは植え込み側を登坂し、ラスト1Fで強めに仕掛けしっかりと反応し伸びている。手前を替えようとして替えられなかった分だけを割り引いた。

同じ池江厩舎の馬。サトノアーサーの方が先に追い切られ、シュリはその1分後に追い切られた。サトノアーサーとは馬場コンディションはほぼ同じだったと考えて良いだろう。

スマートオーディン 57.0 【B-】

栗東坂路単走。G前強め。

12/31(木)この日の栗東は雪。シュリが追い切った時間帯は雪が降っており、コースの端には雪が積もり馬場状態は不良。

ラチ沿いを登坂し、鞍上が終始仕掛けるもラスト1Fで0.3秒の失速。普段はもう少しダイナミックに走る馬で、今回は何かこじんまりとした走り。走りの力感薄く、前脚の出も悪い。評価できない。

トリプルエース   55.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

1/2(土)この日の栗東は晴。良馬場での追い切り。

馬場の真ん中ややラチ沿いを登坂。地面を撫でるような走りで力感薄い走り。アタマも高めでクビも使えていない。線も細く見える。追い切り本数も少なく仕上げ不足に思える。評価できない。

ピースワンパラディ 56.0 【A】

美浦坂路単走。馬なり

1/2(土)この日の美浦は晴。良馬場での追い切り。

馬場の真ん中ややラチ沿いを登坂。両前脚を高くあげ、真っ直ぐ前に突き出して走れている。アタマが高めの走法も、トモのパワーで補えており推進力ある走りができている。何より評価したいのが走りの安定性。手前を替えた後も軸のブレが少なく、真っ直ぐに走れる才能は高く評価したい。全体時計は遅いも、1F区間ごとに0.9→1.0→2.0秒とゴールに向かって加速し続けおり、好調だろう。高く評価したい。

ボンセルヴィーソ  55.0 【B-】

栗東坂路単走。G前軽く追う。

12/31(木)この日の栗東は雪。ボンセルヴィーソが追い切った時間帯は雪が止んでいたものの、コースの端には雪が積もり馬場状態は不良。

ラチ沿いを右手前1本で登坂。ピッチ走法でキビキビと力強く走れているものの、顔を終始右に向け走っており鞍上が終始補正しっぱなし。これまではまともに追えない。後肢も外を回っており、ラスト1Fで0.2秒と僅かに失速した点も割り引き。評価しづらい。

メイケイダイハード 55.0 【A】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

1/2(土)この日の栗東は晴。良馬場での追い切り。

馬場の真ん中ややラチ沿いをクビを使って活気十分に登坂。脚元の力強さもあるものの、少し斜に構えるフォームは今一つ見栄えしない。ただ、出した時計が50.5秒。ラスト2F時計も23.9-12.0秒と素晴らしい時計。無理して出している感じはなく、自然なカタチで走らせ、終い1Fだけ軽く仕掛けてのもの。よほど調子が良いのだろう。ここは素直に時計を評価しておきたい。

レッドアネモス   55.0 【B-】

栗東坂路単走。G前強め。

12/31(木)この日の栗東は雪。レッドアネモスが追い切った時間帯は雪が降っており、コースの端には雪が積もり馬場状態は不良。

パワー不足によりトモが左右に振られ、走りが安定せず真っ直ぐ走れていない点は大きく割り引き。最後にしっかり追われるもラスト1Fで0.5秒失速。評価しづらい。

レッドガラン    56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

1/2(土)この日の栗東は晴。良馬場での追い切り。

ラチ沿いを完全馬なりで余力十分に登坂。大きなフットワークから、ラスト1Fの一番苦しいところで脚の回転を上げ、ラスト2F時計24.8-12.0秒は評価できる。ただ、脚元の力感が薄く力強さを欠く走り。評価は据え置いた。

ロードマイウェイ  57.0 【C】

栗東坂路単走。

1/2(土)この日の栗東は晴。良馬場での追い切り。

ラチ沿いを右手前1本で登坂。クビをほとんど使わない走法で、フォームにバラつき感がある。そして脚元が非力。時計が遅いにも関わらず、最後はバテて前脚の出が悪くなり0.2秒失速。評価できない。

今週開催のその他重賞レース

中山金杯(G3)

あわせて読みたい
《2021》中山金杯【最終追い切り】調教
《2021》中山金杯【最終追い切り】調教明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。2021年1月5日(火)に中山競馬場で行われる『中山金杯(G3)芝2000m(ハンデ)』の最終追い切り評価...
2021 京都金杯 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる