《2020》京阪杯【評価結果】―レース回顧

2020 ジャパンカップ 京阪杯 京都2歳S 調教評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

jamieのファン

時間もないし早速結果を聞こうか。

jamie

出走馬16頭中、追い切り動画で確認できた15頭中、3頭を高評価としたよ。

jamieのファン

うち、2頭が馬券内か。

jamie

期せずして人気馬が高評価となってしまったね。このレースでマイナス評価とした馬が少なかっただけに、マイナス評価としたジョーアラビカの3着が個人的には残念だったよ。とは言え【A】評価馬の1着はやっぱり嬉しいね。参考になった人がいたら嬉しいよ。

着順馬名評価人気
1フィアーノロマーノA3
2カレンモエB+1
3ジョーアラビカB-12
4アンヴァルB7
5シヴァージB5
6トゥラヴェスーラB11
7ロードアクアD10
8リバティハイツB+4
9タイセイアベニールB9
10プリモシーンB8
11ビリーバーB-13
12ジョーカナチャンB6
13ジョイフル15
14レッドアンシェルB2
15クライムメジャーB16
16ラブカンプーC14

レース回顧

京都競馬場の改修工事の影響で、阪神競馬場で施行された今年の京阪杯。

このレースの勝ち時計は1:08.2秒。比較対象がなく評価が難しいが、京都競馬場(芝1200m)で行われていた本レースの過去の平均勝ち時計が1:08.1秒(良馬場のみ)であることを考えると平均的か。

阪神芝1200mと京都芝1200mとでは、コース形態はまったく異なるが、平均勝ち時計で見ると、どのクラスにおいてもさほど大差はない。どちらかと言えば阪神芝1200mの方がコンマ数秒、時計がかかる傾向にある。

ペースは、前半600mが33.8秒。後半600mが34.4秒。前後半差が0.6秒となるミドルペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、ジョーカナチャン(和田)であった。

パドック

この日はジャパンカップということもあり、パドックは見ていたが、ジャパンカップ後の本レースということで、アーモンドアイとルメールの素晴らしい勝利に興奮冷めやらぬ状況。パドックtweetは出来なかった。

ただ、パドックにおけるフィアーノロマーノの状態は素晴らしく。この状態であれば勝負できると判断できた。

1着 フィアーノロマーノについて

最序盤、スタートを決め、少し促ししっかりとポジションを取りに行く。結果、最初のコーナーを回る時点で

(1列目)ジョーカナチャン

(2列目)カレンモエ・ラブカンプー

(3列目)ロードアクア・ビリーバー

(4列目)トラヴェスーラ

という隊列が出来上がり、この馬は、これを見る形で単独7番手の好位のポジションを取る。

枠の並びも良かったのだろう。この最序盤の位置取りが素晴らしく。吉田隼騎手のファインプレーであった。筆者はTV観戦をしながら、最初のコーナーまでの位置取りを見て、「あぁ~、これは完全に勝ち負けしてくれそうだな」と安心と期待を感じた記憶が残っている。素晴らしいポジションニングであった。

この時点で先頭を走るジョーカナチャンとの差は約5馬身半。

ここから3角を回りながらジワッと半馬身差を詰め、この馬がラスト3F地点で前との差は約5馬身。

ここから上り3F時計33.7秒(4位タイ)の脚で、前を走る7頭をまとめて抜き去り優勝。

特に坂を駆け上がる時の脚色は他馬とは一線を画していた。

ラスト1F時計は筆者による計測だと11秒台前半のラップは踏んでいたと思われる。

この馬は昨年の3月に中山芝1600mのダービー卿CTを勝利したことで、マイルや1400mの距離を使われていたが、近2走は函館SS→キーンランドCと芝1200mの重賞を2度経験し、今回がこの距離の3回目。この距離のペース・スピードに慣れたか、過去2戦と比べて追走に余裕があった。

この馬は既に6歳であるが、まだ元気いっぱい。

早い逃げ・先行馬がいて、多少流れるハイ・ミドルペースの展開で、最後に坂のあるコースである場合、今後も期待できそうだ。

2着 カレンモエについて

先行馬が全滅したレースで唯一先行して気を吐いたのがこの馬。

今回は初めての重賞挑戦であったが、テンのスピードがあり常に安定して番手からの競馬ができる馬。いまだ掲示板を外したことのない馬で、今回のレースを含む9戦で(4-2-2-1)と馬券外になった1回も4着と安定感抜群。そもそもの能力が高いのだろう。今後の重賞戦線では、常にこの馬の馬名を見ることになるだろう。

この馬の上り3F時計は34.3秒(10位タイ)。

今回のように坂のある馬場では最後に差されてず勝ち切ることができるかが、今後の課題だろう。

3着 ジョーアラビカについて

驚いたのはこの馬。序盤後方2番手にいた馬が、ラスト3F-2F区間でINからスルスルと上がっていき、各馬が馬場の悪い内を避け外に行く中、唯一INを突き気が付けば直線向いた時点で前から5頭目の最内。そこから上り3F時計最速となる33.5秒の脚を繰り出し、2着カレンモエにクビ差届かずの3着。

終始コースロスなく最内を走り、展開にも恵まれての3着とフロック視されそうだが、筆者は決してそうではなく、今回の12番人気が過少評価だったという見立て。

特にラスト3F-2F区間で他馬が懸命に追走する中、難なくポジションを上げられる脚力はなかなか非凡。ラスト1Fはフィアーノロマーノのキレ味に屈する形となったが、この馬自身も恐らく推定11秒台後半の脚で走れており能力は高い。(ラスト2F-1F区間で前が壁になり息を入れられたのも良かったのかも知れないが…。)

既に6歳であるため、今後どこまで活躍が期待できるだが、この走りができるのであれば、もう暫くは活躍できそうだ。

今回3着と好走も、次走も人気が出なさそうな馬。まだまだ狙える馬として個人的にチェックしておきたい。

次走注目馬について

5着 シヴァージについて

最序盤は、3着ジョーアラビカとともに後方2番手を進み、ジョーアラビカと並ぶ上り3F時計最速タイとなる33.5秒の脚を繰り出すも5着。この差は最後の直線での進路取りの差。最内を突いたジョーアラビカに対して、この馬は大外を回ることに。

近7走すべてにおいて上り最速を繰り出しているも、毎度大外を回す展開となっており惜しい競馬が続いている。

時間がなくこれ以上の分析はできないが、馬群を苦にするタイプでなければ、一度違った競馬をしても良いのではないだろうか。

6着 トラヴェスーラについて

今回逃げ・先行馬はほぼ全滅であったが、先行した中ではカレンモエの次に善戦(踏ん張って)おり、調子が良い時であれば今後も馬券内が期待できるかも知れない。

2020 ジャパンカップ 京阪杯 京都2歳S 調教評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる