《2020》マイルCS【1週前追い切り】調教

2020 マイルCS 1週前追い切り 調教

2020年11月22日(日)に阪神競馬場で行われる『マイルCS(G1)芝1600m(定量)』の1週前追い切り評価となります。

出走登録は17頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り評価となります。

以下の2頭については、1週前の追い切り動画がありませんでした。

  • カツジ
  • スカーレットカラー
目次

アウィルアウェイ 55.0 【B】

栗東坂路単走。G前軽く追う。

ラスト2Fで左手前に。相変わらず手前の替え方は豪快。いつも後脚が外を回る印象のある馬だが、今回はマシ。この馬特有の前脚をムチのようにしならせ走る動きでグングン加速。このまま伸び続ければ良かったのだが、ラスト1Fで右手前に戻し、鞍上に軽く追われるも0.3秒失速した分、この評価となった。

アドマイヤマーズ 57.0 【B-】

栗東CW単走。馬なり④

馬場の内目を通り、馬の気分に任せて流しただけというとても軽い内容の追い切り。本気で走っていないとは言え、脚元の力強さが物足りず、馬体も小さく見えた。とは言え、滞空時間の長い走りは出来ており、最終追い切りはビッシリ追ってくるものと思われる。ここではマイナスとしたい。

インディチャンプ 57.0 【B+】

栗東坂路単走。軽く促す。

併せた相手は先週の武蔵野Sで勝利したサンライズノヴァ。埒沿いを走る相手と併走しながら登坂。脚の回転力の違いで相手をジワジワ引き離し、サンライズノヴァには1馬身先着。全体時計50.8秒と優秀。ラスト1Fは1.1秒減速し12.8秒と時計を要したものの、これはラスト100mでフッと脚を緩めたため。総じてパワフルな走りも、クビを回すように振っていた点だけを割引き、この評価とした。

ヴァンドギャルド 57.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑥

2頭併せの内。外はギベオン。3馬身以上追走から直線で並び掛けた際、相手に遠慮したような感じとなりスピードがフッと緩む。交わし切ることができない。モタついている間に、相手にアタマ差前に出られてそのままゴール。クビを大きく動かし走れているものの、交わし切れないのでは評価しづらい。ギベオンは正味直線だけ走っており、余力十分だったとは言え、ギベオンの方が手応えよく、走りも綺麗に見えた。

グランアレグリア 55.0 【B】

美浦南W単走。馬なり⑦

単走での追い切りであったが、前で3頭併せをしている他厩舎の馬に追い付きそうな勢い。コーナーを逆手前で入るなど、有り余るスピードを人馬ともにコンロールできていない印象。鞍上は強く左手綱をひき、馬も顔を大きく左に向けながらのコーナーリングとなった点は大幅に割引。気性面の課題あり。コーナー途中で左手前に替えると、直線もそのまま左手前(逆手前)で走り、ゴール辺りで右手前(正手前)に替わった。ただ動きは柔らかく弾むような走りが出来ている。最終追い切りでどのうような動きを見せてくれるか。注目したい。

ケイアイノーテック 57.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

序盤はクビを使ってリズム良く埒沿いを登坂。全体時計は50.7-12.5秒。ラスト1Fを過ぎたあたりで流石に疲れて手前を替えて粘るもラスト1Fは0.3秒失速した。手前を替える際、フッとスピード落ちた点は割引も、最後まで集中して駆けることが出来ている。アタマは少し高めも毛艶も良く、もう一段調子を上げて来そうな気配はある。プラス評価とした。最終追い切りにも注目したい。

サウンドキアラ 55.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中を入って来たが、埒を頼るように左に流れた点は割引。また内容が軽いため脚元の力強さも感じない。ただ、最後まで完全馬なりで余力十分に加速ラップを踏んだ点は評価できる。クビの使い方は不規則も、自身でコントロールできており、前脚を大きく前に突き出すことで伸びやかな走りはできているのだが…。最終追い切りはビッシリ追って来そう。評価は据え置いた。

サリオス 56.0 【B】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑥

2頭併せの外。2馬身追走からコーナーで並び掛けると、直線で鞍上に仕掛けられて1馬身半先着という内容。時計は少し遅めで余力残しの内容だったとは言え、直線向いて、鞍上に仕掛けられても手前を替えず左手前のままだった点は割引。また鞍上からの仕掛けに対して反応はしていたが、グンと伸びるほどのキレ味は見せなかった。最終追い切りに期待したい。

タイセイビジョン 56.0 【C】

栗東CW単走。G前軽く追う⑦

直線半ばからの映像しかなかったが、アタマが高く、推進力を上に逃す走りだった点は割引。鞍上にクビを押されて何とか前に推進している感じ。脚元の力強さもなく、何かフワフワとした走り。四肢の可動域は広く、伸びやかに走れてはいるのが…。動きに迫力なく評価できない。

ブラックムーン 57.0 【B-】

栗東CW併せ。G前強め⑩

3頭併せの外。この馬も直線半ばからの映像しかなかったが、中外の相手に1馬身遅れの状態から、鞍上に強めに追われて1完歩ずつ差を詰め、最後は併入。通ったコースを考えると時計は出ているものの、アタマは高めで強めに追ってのもの。動きにキレなく、余力を感じない内容で評価はしづらい。

ベステンダンク 57.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

栗東坂路単走。サウンドキアラと似た内容の追い切りで軽めの内容。完全馬なりで馬場の真ん中を真っ直ぐに加速ラップを踏んで登坂できた点は評価したい。

ペルシアンナイト 57.0 【B】

栗東CW併せ。G前強め⑦

3頭併せの内。中外の相手を2馬身追走からコーナーを利用して直線向いた時点で3頭雁行状態。先にこの馬が仕掛けるも、軽く仕掛けた中外の相手を交わせない。最後は強めに追うも、中外の相手に1馬身遅れた。大きなフットワークで悪くない走りであったため評価は据え置いたが、相手がかなり動けていたこともあり、なんとも見栄えの悪いであった。

メイケイダイハード 57.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

終い重点の内容。全体時計は54.4秒と遅めも、ラスト2F時計25.0-12.2秒は評価できる。ただ走りの軸が安定せず、左に右にと僅かながらも斜行しながら登坂した点は割引。馬から今一つ覇気を感じる内容ではなかったものの、綺麗な加速ラップは踏めており、時計面で据え置き評価とした。

ラウダシオン 56.0 【B+】

栗東CW単走。軽く追う⑧

コーナーを深めを回り直線は馬場の8分所。終始一定のリズムを保ち安定した走り。全体時計78秒台でラスト1F 12.4秒。この時計で最後まで減速することなく駆けた点は素直に評価すべき。ピッチ走法のため四肢の可動域は狭いものの、アタマを低い位置に保ち、アタマを前に突き出して走ることで推進力ある走りができている。身体全身を無駄なく使えている。ただ終始舌は出していた。

レシステンシア 54.0 【A】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

埒沿いを登坂。馬体に厚みがあり、クビを使って活気十分に大きなフットワークで登坂。ラスト100mあたりで鞍上に手綱で軽く気合いを付けられるも、ほぼ馬なり。前後の脚が真っ直ぐ綺麗に出ており、体の軸も安定。全体時計51.9-11.6秒。踏んだラップからも、道中グングン加速し、最後まで粘り切るイメージの持てる内容。高く評価したい。

最終追い切りの動きもチェックしよう

あわせて読みたい
《2020》マイルCS【最終追い切り】調教
《2020》マイルCS【最終追い切り】調教2020年11月22日(日)に阪神競馬場で行われる『マイルCS(G1)芝1600m(定量)』の最終追い切り評価となります。出走登録は17頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切...
2020 マイルCS 1週前追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる