《2020》富士S【評価結果】―レース回顧

2020 菊花賞 富士S レース回顧 追い切り評価
目次

追い切り評価の結果はいかに?

jamieのファン

jamie、富士Sはどうやった?

jamie

出走12頭中、11頭の追い切り動画を確認し、【A】評価を1頭、【B+】評価を3頭に付けたよ。

jamieのファン

結果は?

jamie

【A】評価馬が1着も【B+】が馬券外。単勝を買う人にとっては参考になった人がいたかも知れないね。

着順馬名評価人気
1ヴァンドギャルドA5
2ラウダシオンB3
3ケイアイノーティックB-6
4ペルシアンナイトB9
5タイセイビジョンC4
6モズダディーB11
7レイエンダB+10
8ワーケアB-8
9サトノアーサーB-1
10スマイルカナB+2
11ブラックバゴ12
12シーズンズギフトB+7

レース回顧

勝ち馬にはマイルチャンピオンシップ(以下、マイルCS)の優先出走権が与えられる本レース。

今年からGⅡに格上げされた。

勝ち時計は1:33.4秒。

今の府中の馬場はやや時計を要する馬場であるが、稍重馬場での施行を含む本レースの過去10年の平均値が1:33.1秒。

決しては早くはなく時計は普通という表現が妥当か。

ペースは前半4Fが45.4秒、後半4Fが48.2秒。前後半のラップ差が2.8秒もあるハイペースとなった。

前半1000m通過57.4秒のハイペースを作ったのは、スマイルカナ(柴田大)とシーズンズギフト(横山典)だった。

パドック

この日は用事がありリアルタイムにパドックを見れなかったが結果的にはそれが良かった。

なぜならば、A評価を付けたヴァンドギャルドがパドックでは入れ込みが激しく見えたためだ。

後追いで見たパドックでは、レイエンダ、シーズンズギフト、ケイアイノーティックの3頭が良く見えた。

レイエンダ

厩務員を引っ張るような強い前進気勢。クビでリズムを取りスッスッと小気味良く歩く。決して掛かっているわけではなく馬の走る気が溢れているような状態。

シーズンズギフト

前を向き集中した周回。踏み込みもしっかり。

ケイアイノーティック

首を使ってリズムを取り、後肢の踏み込みがかなり力強い。

1着 ヴァンドギャルドについて

スタートを決め序盤は前から6番手の外目。終始馬場の良いところを通り、最後の直線における進路取りも一番馬場のキレイな場所(内柵から14頭目あたり)を選び、上り最速の34.6秒の脚を繰り出し、2着ラウダシオンに1馬身1/4差を付けての快勝。マイルチャンピオンシップの優先出走権を手にした。

福永騎手の馬場読み(進路取り)もさることながら、この馬の真っ直ぐ走れる才能は素晴らしい。

ただこのレースは前半1000mを57.4秒と極端に早く、前が潰れる展開に恵まれた感もあり、走破時計も時計がかかる馬場とは言え過去の平均よりも遅く、グランアレグリア、インディチャンプらがいるマイルCSで即通用すると考えるのは早計か。

冷静にマイルCSの追い切りを確認したい。

2着 ラウダシオンについて

勝ち馬ヴァンドギャルドには1馬身1/4差付けられての2着ではあったが、かなり強い競馬をしたというのが率直な感想。今回は展開面でヴァンドギャルドに利があったかが、展開一つではヴァンドギャルドを逆転可能と考える。

この馬もテンのスピードが速い。スタートから最初の400mまで馬なりで、スマイルカナ、シーズンズギフトと差のないスピード。

前の2頭が競り合う形で飛ばしたが、スタートからの3F目からこの馬は無理に前を追走せず息を入れる。自分の走る距離が分かっているのか…。気性に優れた馬だ。

最後の直線は少しもったない競馬。最後の坂で勢いが足りず右⇒左⇒右とヨレて、真っ直ぐ走れなかったロスは大きい。真っ直ぐに走れたのは残り200mからであった。

上り3F時計は3位タイとなる35.2秒。最後までよく粘るも、残り100mでヴァンドギャルドに捕まり1馬身1/4差を付けられての2着となった。

NHKマイルでレシステンシアを撃破した能力は十分に示していた。

3着 ケイアイノーティックについて

スタートはいつも通りゆっくりと出し後方から2頭目。

残り600m時点では前にいるヴァンドギャルドとは2馬身差。

最後の直線では、上り3F時計2位となる34.8秒でヴァンドギャルドの外に出し伸びてくるも、ヴァンドギャルドと脚色が同じ。

残り100mで脚が上り、2着馬ラウダシオンに1馬身1/4差届かずの3着となった。

この馬は、最終追い切り評価で「本調子に思えない」としB-評価としたがパドック気配は抜群。

当日パドックを見ていれば、この馬を拾えていたかも知れない訳で、やはり当日のパドックを見ることは大事だ。

その他の高評価馬について

スマイルカナとシーズンズギフトについて

このレースはシーズンズギフトがスマイルカナに競りかけたように見え、Twitter等でシーズンズギフト(横山典)を悪者扱いしているコメントも見られるが、パトロールビデオを見る限り悪いのはスマイルカナ(柴田大)。

スタート直後、スマイルカナが大きく右にヨレ、かなり強くシーズンズギフトにぶつかっている。

シーズンズギフトはこれにカッとなり想定以上のスピードでテンから飛ばしてしまった可能性が高い。スマイルカナが今後はスタートを気を付けるべきというのが筆者の見解。

スマイルカナは能力が高く、シーズンズギフトは最終追い切りでも動けておりパドック気配も良かったため、今回のような展開にならなければ2頭とも残っていた可能性も否定できない。いずれにせよ、この2頭については今回はノーカウントで良いような気がしている。

ただスマイルカナについては、今回のように同型がいる場合少しモロい面も見せた。また3角を逆手前で走りフォームが乱れていたことから、左回りでは今後は割り引きが必要かも知れない。

レイエンダについて

最終追い切りでも動けており、パドック気配もすざまじい前進気勢。終始ヴァンドギャルドの1馬身後ろを追走していたが、最後の直線はまったく伸びてこなかった。

決して調子が悪かったとは思えず、この馬の敗因は馬場の悪いところを走らせすぎた点にあるのかも知れない。

あわせて読みたい
《2020》富士S【最終追い切り】調教
《2020》富士S【最終追い切り】調教2020年10月24日(土)に東京競馬場で行われる『富士S(G2)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走登録は13頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い切り...
2020 菊花賞 富士S レース回顧 追い切り評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる