《2020》北九州記念【評価結果】-レース回顧

2020 レース回顧 札幌記念 北九州記念 調教評価 追い切り評価
目次

追い切り評価の結果はいかに?

jamieのファン

jamie、荒れる要素の強いハンデ戦は好きなんとちゃう?

jamie

さすがはファンを自称するだけはあるね!良くわかってる~。ハンデ戦は大好きです。

jamieのファン

じゃぁ、結果も期待できそうだね!

jamie

…。好きとは言ったけど、当たるとまでは言ってない…。(苦しい)

着順馬名評価人気
1レッドアンシェルB-8
2モズスーパーフレアB+1
3アウィルアウェイB10
4クライムメジャーB15
5アンヴァルB6
6トゥラヴェスーラB-3
7ジョーカナチャンB5
8プリディカメントB+7
9タイセイアベニールB2
10メイショウキョウジ11
11ブライティアレディB-16
12マイネルグリットA14
13ダイメイプリンセスB+4
14メジェールスーB17
15ジョイフルA13
16ラブカンプーC12
17ゴールドクイーン18
18カリオストロB9

レース回顧

小倉芝1200mで行われる北九州記念は、『スタート直後から下り坂』+『直線平坦』というコース形態と『夏の高速馬場』とが相まり、前傾ラップ必至となる屈指のスピードレース。

馬場状態は稍重でレースが行われた。

以下はTwitterから拾った情報となるが、このレースにおける馬場状態を計り知る情報になると思うため掲載しておく。

この日は、7Rと9Rに北九州記念と同舞台となる小倉芝1200m戦(1勝クラスと2勝クラス)が行われたが、勝ち時計は標準的で例年並み。馬場状態については正しいことは言いかねるが、稍重馬場とは言え、良馬場に近い状態で、それほど悪い馬場状態ではなかったものと思われる。

レッドアンシェルの勝ち時計1:07.8は、このことを考慮すると強調しづらい。過去10年は全て良馬場での開催であったとは言え、ワースト3位の記録となった。

ペースは前半32.4、後半35.4。前後半差が3.0秒の前傾ラップ。

ちなみに、前半3Fを32秒台前半で走った年は、ほぼ走破時計が1:06秒台か、1:07秒台前半。ただ、このレースの勝ち時計は1:07.8秒であった。

これはモズスーパーフレアがラスト1Fで12.5秒と大きく失速したことに起因する。

ちなみにこのラスト1F 12.5秒は過去10年でもっとも遅かった。

1着 レッドアンシェルについて

序盤は中団のインにはポジションを取る。

3角時点で、モズスーパーフレアから7馬身離れた8番手。

4角を楽な手応えで回り、直線でもスムーズに進路を確保

追い出しを開始したのはしっかり進路を確保した残り1F手前から

そこから上がり2位タイの34.2秒の脚で、モズスーパーフレアを1馬身3/4突き放しての完勝となった。

最終追い切りからは本調子に思えず軽視したが、トップハンデとなる57㎏を物ともせず快勝。

力の違いを見せつけられた形となった。

2着 モズスーパーフレアについて

この馬については、最終追い切り評価でラスト100mでフッと力を抜いた点を指摘したが、本番でも最後は完全に止まっていた

この馬の方が本調子で無かったのかも知れない

テンに早い馬であり、あまりに前傾ラップとなるコースでは最後まで脚が続かないのかも知れない。

牝馬で56.5kgは、牡牝のハンデ差2㎏があることを考えると実質的にはトップハンデ。ハンデがあったにせよ、今回の競馬は最後に止まり過ぎ。正直今一つ。

ただ、この馬の狙いはあくまで秋のGⅠスプリンターズSであろう。これで見限るわけにはいかない。

3着 アウィルアウェイ

スタートをしっかり決めるも、テンに早い脚はなく中団の後に付ける。

4角時点では後から5頭目。追い出しを開始したのは残り2F手前から。4角を回りながらの追い出しとなった。

追いながら進路を確保できる技術は、さすが川田騎手だ。

スピードを落とさず、内から11頭目に進路を確保すると、レッドアンシェル と同じ上がり時計となる34.2秒の脚で、完全に止まったモズスーパーフレアを交わしにかかるも、アタマ差及ばずの3着となった。

4着 クライムメジャーについて

この馬については是非パトロールビデオを見て欲しい。まさにジグザグ・ドリブル。

  1. まずプリディカメントとジョーカナチャンの間に割って入り、
  2. その後、ジョーカナチャンとモズスーパーフレアと間に割って入っている。

これを残り50mだけで行った。この2回のカットインは、ともにかなり狭いところを突いており、よほど脚に自信が無ければできない芸当。鮫島克騎手にしては珍しく気迫感じる騎乗であった。

真っ直ぐに走れていれば、確実に2着になっていただろう。

この馬も4角時点で、後から4頭目。

アウィルアウェイ、アンヴァルをはじめとする後方勢が、みな外に進路を求める中、この馬だけがインを突いた。

上がり最速の34.1秒を叩き出すも、前述の通り、前が詰まって悔しい4着となった。

この馬については、かなり良い脚を使っており、確実に人気以上の能力があった。次戦は人気になるだろうが、いつかは穴をあけてくれそうな馬。覚えておきたい。

5着 アンヴァルについて

この馬も4角時点で後から3頭目。ほぼアウィルアウェイと同じように伸びてくるも、届かずの5着。

上がり4位の34.3秒の脚は使うも、結果的には外を回るコースロスが大きかった

6着 トラヴェスーラについて

モズスーパーフレア、ジョーカナチャンが前でやり合うのを見ながらの離れた3番手の絶好位

直線も一番良い進路を確保できたが6着に終わった。

追い切りでも動けており力を出し切っての結果。能力が足りなかったということだろう。

7着 ジャーカナチャンについて

モズスーパーフレアのペースに付きあい、終始モズスーパーフレアにプレッシャーをかける形の2番手これでよく7着に粘ったというのが正直な感想。

モズスーパーフレアがおらず、自分の競馬が出来ていれば…。

競馬にタラレバはないが、そう思わせてくれる内容ではあった。

あわせて読みたい
《2020》北九州記念【最終追い切り】調教
《2020》北九州記念【最終追い切り】調教2020年8月23日(日)に小倉競馬場で行われる『北九州記念(G3)芝1200m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬18頭。追い切り動画で確認できた16頭の追い切...
あわせて読みたい
《2020》北九州記念【1週前追い切り】調教
《2020》北九州記念【1週前追い切り】調教2020年8月23日(日)に小倉競馬場で行われる『北九州記念(G3)芝1200m(ハンデ)』の1週前追い切り評価となります。登録は22頭。追い切り動画で確認できた5頭の追い切...
2020 レース回顧 札幌記念 北九州記念 調教評価 追い切り評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる