《2020》エルムS【最終追い切り】調教

2020年8月9日(日)に札幌競馬場で行われる『エルムS(G3)ダ1700m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は14頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

アディラート 56.0 【A】

札幌ダ単走。G前軽仕掛け⑧

前胸筋、上腕筋の発達がすざまじい。迫力満点。頭は若干高めも、後脚の蹴りの強さで推進力を維持できている。クビ、四肢ともに可動域十分。脚は高く上がり、回転も早い。当然の如く好時計。最後の最後に右手前に戻したことを加味しても十分な動き。高く評価したい。

アナザートゥルース 58.0 【B+】

札幌ダ併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。一杯に追う相手に馬なりで1馬身先着。クビの角度が良く、四肢を大きく広げ、身体全身を使って走れている。好時計で終いのキレ味が素晴らしい。弾むような走りで滞空時間は長いが、脚元の力強さに若干の物足りなさを感じた分、一つ評価を下げた。十分プラスの内容。

アルクトス 56.0 【B−】

札幌ダ併せ。馬なり⑧

2頭併せの外。ゆったりとした動きだったが、馬体が大きく完歩も大きいため、スピードは出ており時計も早い。併せた相手をゴール前スッと交わして1馬身先着。相手を交わす際、右手前に替わった点は割引。この馬は左回りの方が得意だろう。また、道中チグハグなラップを踏んでいた点も割引いた。

ウェスタールンド 57.0 【A】

札幌ダ単走。馬なり⑨

終いだけ伸ばす軽めの追い切り。軽めではあったが、クビの使い方が素晴らしく上手で、クビと脚との連動性も極めて高い。このため強い前への推進力を産み出す走りができている。時計は遅いも好調さが見て取れる動き、高く評価したい。

エアスピネル 56.0 【B−】

札幌ダ単走。馬なり⑨

軽い内容。直線では顔を左(外埒側)に向けて長く走った点は割引。また、手前を替えなかった点も割引。さらに言うと四肢の可動域も狭い。全て軽めの内容によるものかも知れないが、馬に迫力がなく評価しづらい。

サトノティターン 56.0 【B】

札幌ダ併せ。馬なり⑨

2頭併せの外。綺麗な加速ラップを踏み、併せた相手を馬なりのまま2馬身突き放す好内容。手前の切替は極めてスムーズで、頭を低い位置に保ち、クビを使ってしっかりと走れている。ただ四肢の可動域は及第点のレベル。ゴール板で緩めた際、手前を替えたのも気になるところ。首筋にも若干の発汗が見られた。

タイムフライヤー 56.0 【B】

札幌ダ単走。馬なり⑧

馬場の8分どころを淡々と軽く流した。内容は軽いが、映像からは馬の闘志がヒシヒシと伝わる追い切り。前脚は高く上がり、前後脚の蹴りは力強い。闘志を上手く制御できている。追い切りからはこの評価となるが、当日の気配をチェックしたい馬だ。

ハイランドピーク 56.0 【B】

札幌ダ単走。馬なり⑧

コーナーから活気十分でダイナミックな動き。そして好時計で加速ラップ。追い切りからは、前に行って粘り込む意思が伝わる内容。頭が高く、首筋から胸元にかけ、かなり発汗が目立っていたため、評価を一つ落としたが、プラスにしても良いくらい活気ある動き。この馬も当日の気配に気を配りたい。

バスカヴィル 56.0 【B−】

美浦南W単走。馬なり⑤

ハロー明けの綺麗な馬場の真ん中を馬の気分に任せて、流しただけの軽めの追い切り内容。軽めとは言え、クビを大きく動かし活気十分。ただクビを過剰に動かしているため、クビと脚とが上手く連動できていない。脚元の力強さはあるのだが…。評価しづらい。

ヒラボクラターシュ 56.0 【B】

札幌ダ単走。馬なり⑧

大きく力強いフットワーク。抽象的な表現で恐縮だが、雰囲気が好気配。ラスト1Fはバテて減速しているものの、全体時計は出走メンバー中No.1。かなり早い。この動きなら、この時計はキチンと評価すべき。評価は据え置いた。

リアンヴェリテ 56.0 【B】

札幌ダ単走。G前軽仕掛け⑧

全体時計は遅く軽めの内容。直線軽く仕掛けると伸びた。ピッチ走法の馬で、四肢の可動域はそれほど大きくないものの、クビと脚との連動性は高くフォームは美しい。決してマイナスにはならない動きなのだが、プラスにもしたくない。

ロードゴラッソ  57.0 【B-】

札幌ダ併せ。一杯⑧

2頭併せの内。外目を回り好時計。直線ムチも使って一杯に追って半馬身前に出るも、その後緩めて追ってきた相手と併入。プラスにはならないが、最後は緩めながらも加速ラップを踏めていた。評価を据え置くか迷ったが、相対評価で一つ評価を落とした。

ワイルドカード 56.0 【B+】

札幌ダ併せ。G前強め③

内目を回った割には全体時計が遅い。追い切りの意図は終い重点だったのだろう。直線仕掛けられると併せた相手をアッという間に3馬身以上突き放す好内容。胸元に発汗が見られ、頭が若干高目ではあるものの、終いの動きからは十分に好調さが見て取れる。時計度外視で高評価したい。

ワンダーリーデル  57.0 【B−】

札幌芝単走。馬なり⑧

ゆったりと馬の気分に任せて駆けた。正直、なぜ芝追いで追い切ったのかは分からない。栗東の安田翔伍厩舎ということは覚えておきたい。余力があったとは言え、直線で手前が決まらず、右手前のまま走った点は割引。

あわせて読みたい
《2020》レパードS【最終追い切り】調教
《2020》レパードS【最終追い切り】調教2020年8月9日(日)に新潟競馬場で行われる『レパードS(G3)ダ1800m』の最終追い切り評価となります。出走馬15頭中、追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価とな...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる