2020/8/1(土)新馬戦【追い切り評価】調教 〜新潟5R 芝1800m〜

2020 新馬戦 追い切り 調教

本記事は、2020/8/1(土)に行われる新馬戦(新潟芝1800m)の追い切り評価となります。

出走16頭中、追い切り動画で確認できた11頭の追い切り評価となります。

なお、追い切り動画がない馬については評価しておりませんので、ご了承ください。

目次

1枠1番 ショウナンラッキー 【B−】

7/29 美浦南W併せ。馬なり⑥

2頭併せの内。アタマ差先着も、動きに迫力なく、時計も遅い。評価しづらい。

1枠2番 ガムラン 【B】

7/29 栗東坂路併せ。馬なり。

右手前1本で登板。手前を替えようとして替えれなかった点は割引。ただ馬なりのまま、併せた相手にはクビ差先着。時計は遅いも、加速ラップを踏めていたため、評価は据え置いた。

2枠3番 ダノンバリジア 【B】

7/29 栗東CW併せ。馬なり⑧

恐らくこの馬は右手前の方が得意。直線左手前で走っている時、右手前に替えそうな感じが満々。実際右手前に替わると伸びた。今回の新潟の舞台は向きそう。頭が高く、クビの可動も狭く、走りの完成度はまだまだも、脚元の力強さは十分。

2枠4番 スターロード 【B−】

美浦南W併せ。一杯③

2頭併せの内。めい一杯追うも伸びず。併せた相手に1馬身遅れた。評価しづらい。

3枠5番 グランデモナルカ 【B+】

美浦南W併せ。G前軽追い⑤

2頭併せの内。併せた相手は、7/12の新馬戦(芝1200m)で既に勝利をあげているショウナンラスボス。この馬を9馬身追走し、直線では激しい競り合い。流石にアタマ差程度遅れたが、時計は優秀で新馬突破レベル。動きの質も十分で好勝負してきそう。

3枠6番 ハルモニア 【ー】

映像なし

4枠7番 エマージングロール【ー】

映像なし

4枠8番 リチェルカ 【B−】

美浦南W併せ。強め⑦

2頭併せの内。外の相手は新馬のインヴァネス。強めに追って僅かに先着。ただ時計は遅く、動きにキレは感じない。この馬は走法的にキレる馬ではなくパワータイプ。ダートの方が向くのではないかと思う走り。

5枠9番 ペドラフォルカ 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

前後脚が綺麗に真っ直ぐ前に出る綺麗な走り。兎に角、真っ直ぐ走れていることだけで評価したくなる。全体時計は平凡も、ラスト2Fを馬なりで24.4-12.0秒はかなり優秀。将来性含め、高く評価したい。

5枠10番 グレアリングアイ 【B−】

美浦南W併せ。馬なり⑦

3頭併せの中。内は新馬。外は3勝クラスのミュージアムヒル。3頭並んでほぼ併入も、この馬が僅かには先着していた。脚元はスローで動きにキレは感じない。評価しづらい。

6枠11番 ブルージルコン【ー】

映像なし

6枠12番 アドマイヤハダル【ー】

映像なし

7枠13番 ワンデイモア 【B−】

美浦南P併せ。馬なり③

3頭併せの内。併せた中外の相手に1馬身遅れ。低い姿勢で走れているが、クビはほとんど使わず脚元も非力。時計も遅く評価出来ない。

7枠14番 カオリナイト 【C】

栗東坂路併せ。強め。

この馬は追い切りだけ見ると、最低人気になっても不思議ではない馬かなと。それくらい走れていない。手前もコロコロ切替るも、走りは左右にフラフラ。最後は頭が上がりバテバテだった。

8枠15番 トレデマンド 【B】

栗東CW併せ。G前強め⑧

2頭併せの内。併せた相手にクビ差先着。クビを使って走れてはいるが、際立ったものは感じない走り。現状1人気馬。この人気なら正直書いたいとは思わない。これは血統人気なのだろうか。

8枠16番 ジョウショーペース【ー】

映像なし

2020 新馬戦 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる