《2020》七夕賞【最終追い切り評価】調教

七夕賞

2020年7月12日(日)に阪神競馬場で行われる『プロキオンS(G3)ダ1400m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

アウトライアーズ 54.0 【B】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑩

3頭併せの外。馬場の一番外を回り直線向いた時点で内の2頭は1馬身半ほど前。そこから馬なりで並びかけると、クイッと加速し半馬身前に。ラスト1Fで見せたこの一瞬のギアチェンジ性能は評価できる。ただ、発汗が目立ち、序盤の動きはクビの可動域が狭く今一つ。評価は据え置いた。

ヴァンケドミンゴ 54.0 【B】

栗東P併せ。強め⑦

2頭併せの内。馬場の真ん中やや外目を通り直線へ。序盤は相手の方に顔を向け、集中して走れていなかったが、直線半ばから顔が真っ直ぐに向き、併せた相手に半馬身先着した。四肢の可動域は及第点も、クビを使って走れている。調子は悪くなさそう。

ウインイクシード 56.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑥

2頭併せの内。馬場の真ん中あたりを通り直線へ。鞍上の軽い仕掛けにスッと反応し、半馬身前に出るも、その後は緩み、最後は併入した。右のクビ筋あたりに発汗が見られたが、フォームは安定。低い姿勢で、綺麗な加速ラップは踏めている。

エアウィンザー 57.0 【B】

栗東坂路併せ。馬なり。

めい一杯に追う相手に対して、こちらは完全馬なり。終始相手の様子を見つつ右手前1本で余力十分に登坂。併せた相手にはハナ差先着した。体幹しっかりの安定した走り。クビの可動域も広く、クビを大きく使って走れている。ただ、完全馬なりだったとは言え、ラスト1Fで0.2秒失速した点は割引。これがなければプラス評価だったのだが…。

オセアグレイト 55.0 【B】

美浦南W単走。馬なり⑥

馬場の真ん中やや外目を通り直線へ。直線半ばで鞍上が肩をポンと叩いたが反応はなく、その後ジワッと伸びた。四肢の可動域は及第点。踏んだラップはチグハグも、終始淡々としたリズムで駆けた。

クレッシェンドラヴ 57.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。コーナー深く回って直線へ。直線向いて左手前に替わってからの動きがイマイチ。アタマと脚の動きの連動性が悪く、バタバタした走りに。前への推進力を損なう走りであった点はマイナス。軽く追った外の相手とは併入した。

ジナンボー 56.0 【B-】

美浦南W併せ。軽く促す⑥

全体時計は69秒フラット。ラスト1Fは12.7秒。時計は全く強調できるものではない。この遅い時計で最終コーナーで上手く曲がれず、鞍上が手綱を引いたことを嫌がり折り合いを欠いた点も大幅割引。直線半ばまで手前を替えず逆手前で引っ張り、相手を3/4馬身ほど交わしてから正手前に。評価しづらい。

ソールインパクト 54.0 【B】

美浦P併せ。軽く追う⑤

2頭併せの内。併せた相手と激しい併せ馬。追う相手に対して、こちらは軽く追って抜かせない。直線は逆手前で走り、正手前で走ったのは最後の数完歩だけ。逆手前時に前脚の出も悪く、動きの質は評価しづらいも活気は十分。据え置いた。

ノーブルマーズ 56.0 【A】

栗東CW単走。G前軽仕掛け⑧

直線は馬なりのままグングン加速。トモのパワーに前脚が追いつかないようにも見えた。とは言え、クビを上手に使って推進力ある走りが出来ている。馬場状態は不良だったことを踏まえると時計も出ている。高評価したい。

パッシングスルー 54.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑥

3頭併せの内。この馬も直線で逆手前。アタマも高く、クビも上手く使えておらず、走りに伸びがなく、中外の相手に追い付けない。ラスト1Fでようやく手前を替えて、何とか最後に併入という内容。とは言え、ラスト1Fは12.6秒と褒められたラップではない。踏んだラップもチグハグ。評価できない。

バレリオ 55.0 【B】

美浦南W併せ。強め⑧

2頭併せの外。コーナーを深めに回りに直線へ。直線に入ってすぐ左手前に替えたが、左手前時の走りが下手。これは左前脚が上手く前に出せていないため。とは言え、ラスト3Fは12秒台を連発しており、重馬場だったことを考えるとこのラップは優秀。強めに追って、馬なりの相手にアタマ差遅れた点は割引も、相手も動けていた。

ヒンドゥタイムズ 55.0 【B+】

栗東CW併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。内は同レースに出走するリュヌルージュ。全体時計は86秒台と遅く、正味ラスト1Fだけの追い切り。ただこのラスト1Fの動きが素晴らしい。元々脚も長いのか、四肢を大きく広げダイナミックな走り。めい一杯追うリュヌルージュを尻目に、馬なりのまま1馬身突き放して先着した。一つ評価を下げざるを得なかった点は、この馬も最後まで逆手前であったこと。不器用な側面が垣間見れ、揉まれる競馬は避けたいところ。

ブラヴァス 55.0 【B】

栗東P単走。馬なり①

明け方の早い時間帯での追い切りであったためか、雨の降りしきる中、ポリトラック馬場での単走追い。馬場の一番内側を淡々と駆けた。ラスト1Fで僅かに減速し加速ラップが踏めなかった点は割引。ただ、カチっとした脚捌きで大きく力強く走れている点は評価したい。

マイネルサーパス 56.5 【B】

美浦南W併せ。G前強め⑦

2頭併せの内。コーナー深く回り直線へ。序盤は前脚は高く上がり上から叩きつけるような走りで力強さ十分。後半外の相手に並びかけられてから、鞍上が強めに追うと、踏ん張り最後は僅かに遅れたが、何とか加速ラップは維持した。

リュヌルージュ 52.0 【B-】

栗東CW併せ。強め⑨

2頭併せの外。内は同レースに出走するヒンドゥタイムズ。直線半ばからジワジワと遅れだしてから、めい一杯追うも、1馬身遅れ。この馬自身、ラスト1Fは恐らく12秒フラットくらいでは走っているが、ヒンドゥタイムズが動けていたため仕方がない。ミルコ騎乗で52㎏のハンデは魅力も、1馬身遅れは大幅に割引かざるを得ない。

レッドローゼス 56.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり④

2頭併せの内。追う相手に馬なりのまま交わされることなく、半馬身先着した点は評価できるも、ラップはラスト1Fで減速。発汗が目立ち、頭の位置が高く、クビを使って走れていない。全体時計はそこそこ出ているものの、通ったコースを考えるとそれほど強調できるものではない。評価しづらい。

あわせて読みたい
《2020》七夕賞【評価結果】-レース回顧
《2020》七夕賞【評価結果】-レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】着順馬名評価人気1クレッシェンドラヴB32ブラヴァスB73ヴァンケドミンゴB64ヒンドゥタイムズB+25ウインイクシードB86パッシングスルー...
七夕賞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる