2020/7/26(日)新馬戦【追い切り評価】調教

2020 新馬戦 追い切り 調教

本記事は、2020/7/26(日)に行われる新馬戦(4鞍)の追い切り評価となります。追い切り動画がない馬については評価しておりませんのでご了承ください。

なお、参考情報として、記事執筆時点の想定人気と単勝オッズを記載しています。

実際の馬券購入に際しては、購入時の人気とオッズをご確認ください。

目次

12:15 札幌5R 2歳新馬 芝1800m

出走馬7頭のうち、追い切り動画で確認できた5頭の追い切り評価となります。

記事執筆時点; 7/26(日)1:13

記載順は、記事執筆時点における人気順。

()内は記事執筆時点の単勝オッズとなります。

バスラットレオン【B+】 1人(2.9)

7/22 札幌芝W併せ。G前強め⑧

2頭併せの内。併せた相手は3歳未勝利馬。1馬身追走し、直線仕掛けて並びかけると、手前を替えて更に加速。1馬身半突き放した。クビの稼働は狭いも、アタマを低い位置に保つ好フォームで、四肢を大きく広げて走れている。時計も優秀。

ボルトヴェッキオ【B-】 2人(3.9)

7/22 札幌芝併せ。G前一杯⑧

2頭併せの外。併せた相手は古馬1勝クラス。直線、仕掛けた相手に半馬身前に出られると、ムチを入れて一杯に追ってアタマ差届かずという内容。アタマが高く、推進力を上に逃がす走りになっている点は割引。また追ってからの反応面のズブさも見せた。ただ時計は優秀でラスト1Fも11.9秒。ゴールを過ぎてもしっかり追われてた点も好感。とは言え、やはりフォームが悪く、この評価。

プラチナトレジャー【B-】 4人(6.0)

7/15 札幌芝併せ。馬なり⑨

2頭併せの内。併せた相手は古馬OP馬のポスジラ。この馬相手にアタマ差遅れの内容で評価を落とすことは無いのだが、動きの質が悪すぎる。直線で左手前から、右手前に替えると、5完歩程度走ってから、また左手前に。その後も再び右手前に替えており、恐らく左手前での走りが苦手。時計は優秀な部類も評価しづらい。

モリノカンナチャン【B】 6人(20.0)

7/22 札幌芝併せ。G前仕掛け⑦

2頭併せの内。併せた相手は古馬OP馬のモルフェオルフェ。全体的に可動域が狭く、クビの使い方もまだ下手。ただ活気と勝負根性は十分。G前仕掛けたとは言え、モルフェオルフェ相手にハナ差先着した点は評価できる。走りにまだ非力さは残るも評価は据え置いた。

カイザーレヴァンテ【C】 7人(23.3)

7/22 美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。併せた相手は、昨日の新馬戦で3着と健闘したジオパークマグマ。相手が斜行し離れた形となったが、最後に伸びて併入した。アタマは低い位置を保てているが前脚の出が悪く、脚の回転もスロー。時計も遅く評価できない。

(参考)その他注目馬

ミルウ 3人(4.2倍)

1週前にルメールが騎乗し、函館芝で破格の好時計。最終調整は軽めも要注意の1頭。

12:30 新潟5R 2歳新馬 芝1800m

出走馬13頭のうち、追い切り動画で確認できた8頭の追い切り評価となります。

記事執筆時点; 7/26(日)2:27

記載順は、記事執筆時点における人気順。

()内は記事執筆時点の単勝オッズとなります。

ドゥラヴェルテ【B】 1人(1.9)

7/22 美浦南W併せ。馬なり③

3頭併せの中。併せた相手の内は3歳未勝利馬。外は古馬3勝クラスのエクセランフィーユ。外の相手に馬なりでアタマ差先着した点は高く評価したい。ただ、直線で右手前に替わると伸びを欠き、左手前に戻すとグンと伸びたあたり、現状は右手前が苦手であることは明白。新潟の舞台においてはかなり不安を残すため、評価は据え置いた。手前の懸念がなければ十分プラスなのだが…。

この馬は右手前が苦手。

ヴェルナー【B-】 2人(5.9)

7/22 栗東坂路併せ。強め。

1週前に栗東のポリトラック馬場で早い時計を出し、最終追い切りは坂路で軽めの調整。手前を替える際、右にヨレる辺り走りの完成度はまだ低い。アタマが高く推進力を上に逃がす走りも割引。なぜこんなに人気しているのだろうか。確かに1週前の動きは良かったが。とは言えだ。

ルコルセール【B-】 3人(9.0)

7/22 美浦南W併せ。馬なり⑥

3頭併せの中。併せた相手の内は古馬2勝クラスのサトノセシル。外は3歳未勝利馬。内の古馬2勝馬は相当かかっており論外。難なく半馬身先着。ただ外の未勝利馬とは併入。クビはしっかり使えているのだが、前脚の出が悪く、走りがこじんまりとした印象。決して調子が良いとは思えない。

レイオブウォーター【A】 4人(9.2)

7/22 栗東芝併せ。馬なり②

3頭併せの内。併せた相手の中は新馬。外は1勝クラスのアドマイヤベネラ。重たそうな稍重馬場での追い切り。直線半ばまで1馬身遅れの状態から、鞍上が一切手を動かすことなく、中外の2頭を一瞬にして交わし去った脚力は相当なもの。両馬に半馬身先着した。相手に隠れて動きの詳細は確認できなかったが、併せ馬でのこの交わし方はなかなかの衝撃。

サンデーアーサー【B-】 5人(12.6)

7/22 栗東坂路併せ。強め。

併せた相手は未勝利馬。強めに追って相手を2馬身突き放す見栄えの良い内容も、全体時計53.5-12.6秒とたいしたことはなく、ラスト1Fも0.3秒減速している。脚元はパワフルも頭の位置が一定せず完成度の低い走り。評価しづらい。

レッドルーベンス【B+】 6人(14.1)

7/22 美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。併せた相手は古馬2勝クラスのヴィアメント。相手は今日のWIN5 対象レースの新潟10Rで断然1人気になっている馬だ。ヴィアメント相手に馬なりのまま終始ハナ差前に出る形も最後は併入に持ち込まれた。アタマはやや高めも、身体全身を使って新馬離れした安定した動き。評価したい。

ケルト【B】 9人(40.6)

7/22 美浦南W併せ。強め⑥

3頭併せの内。併せた相手は3歳未勝利馬。全体時計は普通、終いの脚も普通なのだが、一杯に追う相手に対して、強めに追って半馬身先着。キレる脚はないが、活気は十分で勝負根性もある。この人気なら是非買ってみたい。

ナオミゴゼン【B+】 10人(42.8)

7/22 栗東芝併せ。一杯⑧

2頭併せの外。併せた相手は1勝クラスのラデツキー。コーナーから良い雰囲気を醸し出し直線へ。馬場状態が悪く、馬場に脚を取られるシーンも見られたが、終始パワフルな走り。四肢の可動域も広く、クビもしっかり使ってダイナミックに走れている。併せた相手にはアタマ差遅れたが、それを凌駕する動きの良さが目に付いた。稍重馬場の芝であったことを考慮すると時計も優秀。この人気なら断然買いの馬だ。

ナゴミゴゼンは、この人気ならかなり面白い馬だと思います。

12:45 札幌6R 2歳新馬 ダ1700m

出走馬6頭のうち、追い切り動画で確認できた4頭の追い切り評価となります。

記事執筆時点; 7/26(日)8:07

記載順は、記事執筆時点における人気順。

()内は記事執筆時点の単勝オッズとなります。

ショウリノカンパイ【B】 2人(4.8)

7/22 札幌ダ併せ。馬なり⑧

3頭併せの外。併せた相手は内中ともに新馬。かなり抑え気味の状態のまま。内中の相手と併入した。脚長の馬で大きなフットワークが特徴的。1週前に時計を出しており最終追い切りは軽めの調整。状態は良さそうに見えるも、最終追い切りとしてはこの評価となる。

デルマミロク【B+】 3人(5.4)

7/22 札幌ダ併せ。G前追う⑦

2頭併せの内、併せた相手は3歳未勝利馬。G前強めに追って併せた相手を2馬身突き放す好内容。大きなフットワークで走れている。時計面では強調しづらいが良い動き。プラスに評価したい。

7/15の1週前追い切りでは、古馬3勝馬シベリウス(今日のWIN5 対象レースに出走予定)と併せて、さすがに1馬身遅れ、この時点では仕上げ途上の感あり。

トーセンルチアーノ【B-】 5人(7.0)

7/22 札幌ダ併せ。一杯⑤

2頭併せの内。併せた相手は古馬1勝クラス。一杯におって併せた相手に1馬身1/4遅れた。この馬なりに走れてはいるが結果が伴っていない。時計も遅い。

コスモパラティーナ【C】 6人(11.1)

7/22 札幌ダ併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。併せた相手は2勝未勝利馬。直線2馬身先行の状態も最後はバテバテ。外の馬に追い付かれて併入した。時計も遅く全く評価できない。

13:00 新潟6R 2歳新馬 芝1400m

出走馬15頭のうち、追い切り動画で確認できた7頭の追い切り評価となります。

記事執筆時点; 7/26(日)3:24

記載順は、記事執筆時点における人気順。

()内は記事執筆時点の単勝オッズとなります。

グレナディアガーズ【A】 1人(1.7)

7/22 栗東芝併せ。馬なり⑧

3頭併せの外。併せた相手は内中ともに新馬。めい一杯追う中の相手に半馬身。馬なりのままの内には1馬身先着という内容。馬なりでだ。鞍上は川田騎手。胴が詰まっており短い距離が向きそうな体型。クビの角度が良く、四肢を大きく広げて気持ちよさそうに走れている。間違いなく好調だろう。

イルクオーレ【B-】 2人(10.0)

7/22 美浦坂路併せ。G前強め。

併せた相手は、古馬1勝クラスのツルネ(7/25の新潟12Rに出走し1着)。全体時計が遅く、軽めの調整。前脚の出が物足りず、右手前に替わると頭が高くなった。ツルネとほぼ併入は評価できるも、この内容では全体評価としては評価しづらい。

サルビア【B】 3人(11.9)

7/22 栗東坂路併せ。強め。

併せた相手は、古馬1勝クラスのノストラダムス(7/25の新潟8Rに出走し6着)。強めに追ってノストラダムスに2馬身先着という好内容。クビを使って真っ直ぐ、安定したフォームで登坂した点は評価できるも、ラスト1Fで0.4秒失速して点は割引。全体時計も並み。

フーラリ【A】 4人(13.8)

7/22 美浦南W併せ。馬なり⑧

3頭併せの中。併せた相手の内は古馬1勝クラス、外は古馬2勝クラス。内外の馬にハナ差先着した。ハナ差とは言え、馬なりのまま、古馬2頭に先着した点は高く評価できる。外の相手に一度並びかられた後、勝負根性を見せ、グッと前に出た点も評価できる。フォーム・活気ともに問題なく、高く評価したい。

ハイパーミラクル【B】 5人(16.4)

7/22 美浦坂路併せ。馬なり⑧

併せた相手は古馬1勝クラスのヒロミ。アタマは少し高めも、古馬1勝クラスと併入した点は評価できるも、アタマは少し高めで、動きもスロー。活気を感じない。また線もやや細く見える。

ニンジャゴー【B+】 6人(20.1)

7/22 美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。併せた相手は3歳未勝利馬。併せた相手とは併入も、終いはしっかりとした伸び。活気十分に力強く走れている。ゴールを過ぎても脚色が鈍らなかった点も評価したい。

ユイノタンキマチ【B】 13人(58.6)

7/22 美浦坂路併せ。G前仕掛け。

併せた相手は3歳未勝利馬。可もなく不可もなくという内容で、併せた相手と併入。相手に抜かせなかったあたり勝負根性がありそうう。全体時計は54.2-12.4秒も評価は据え置いた。この人気なら押えたくなる。

2020 新馬戦 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる