《2021》青葉賞【評価結果】―レース回顧

2021 天皇賞春 青葉賞 追い切り 評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた17頭に評価を付け高評価としたのは6頭。結果は【B】→【B】→【B-】。評価した馬が1頭も馬券に絡むことができないばかりか、軒並み2桁着順…。全く参考にならない結果となってしまった。

着順馬名評価人気
1ワンダフルタウンB3
2キングストンボーイB1
3レッドヴェロシティB-6
4テーオーロイヤルB15
5スワーヴエルメB10
6レインフロムヘヴンC11
7グレアリングアイB-7
8モンテディオB-9
9アオイショーB+2
10リーブルミノルB5
11ワンデイモアB-8
12テンカハルB+13
13ノースブリッジA4
14アランデルB+14
15マテンロウエールB+12
16タガノカイB+16
17アウスヴァール17
18バーボンハイボールB-18

レース回顧

勝ち時計2:25.2秒は普通。

過去10年の良馬場における平均勝ち時計が2:25.1秒であることから平均と言えよう。

ペースは、前半1000mが1:00.5秒、後半1000mが59.4秒。1.1秒後半の方が早いスローペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、ノースブリッジ(横山和)であった。

パドック

パドックでも5頭を挙げたが、こちらも1頭も馬券に絡めず。本命にしたノースブリッジは少し入れ込み気味であった。

総評

GW中ということもあり、少しゆっくりさせていただきました。

1着ワンダフルタウン、2着キングストンボーイは、ダービーで通用するのか?

ダービーに向けては、この辺りはきっちりと見極めておきたい。

2021 天皇賞春 青葉賞 追い切り 評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる